カスタムフォルダー

カスタムフォルダー

Zoho Mailでは、メールをより適切に分類できるように、受信トレイやその他のフォルダーの下にサブフォルダーを作成できます。受信トレイに並列の最上位のフォルダーとしてカスタムフォルダーを作成することもできます。任意のレベルにフォルダーを作成して、希望の順序で階層的に整理できます。 

フォルダーとサブフォルダーの作成

  1. [フォルダー]メニューの横にある[+]アイコンをクリックしてください。
  2. [フォルダーの作成]ダイアログボックスが表示されます。
  3. 目的のフォルダー名を入力してください。
  4. [配置場所]項目に、新しいフォルダーの場所を入力してください。初期設定では、新しいフォルダーがサブフォルダーではなく最上位のフォルダーになることを示す「/」が表示されます。
  5. 「親フォルダー」の名前を指定して選択し、その下にサブフォルダーを作成することもできます。 
  6. 指定した名前を持つ新しいフォルダーが、目的のパスの下に作成されます。

右クリックメニューの[サブフォルダーの作成]オプションも使用できます。この場合、[親フォルダー]には、選択したフォルダー名が事前に入力されます。 

  • カスタムフォルダーの名前を変更するには、右クリックメニューの[名前の変更]オプションを選択してください。 
  • Zoho Mailには、組織のメンバーとすべてのフォルダーを共有する機能もあります。詳細については、ここをクリックしてください。

フォルダーの削除

フォルダーを削除すると、そのフォルダーとその内容全体が[ごみ箱]に移動してください。[ごみ箱]を手動またはシステムによって空にすると、フォルダーとその内容全体が完全に削除されます。

  1. 削除するフォルダーを右クリックしてください。
  2. [このフォルダーの削除]オプションを選択してください。
  3. 警告が表示されます。
  4. [OK]をクリックして削除を確定してください。
  5. 受信メッセージをこのフォルダーに移動するルールがある場合、このフォルダーに関連付けられているフィルターが自動的に削除されます。
  6. 関連フィルターを削除しない場合は、削除をキャンセルして[フィルター]ページに移動し、別のフォルダーを指すようにフィルター設定を変更してからフォルダーを削除してください。

フォルダーを空にする

[フォルダーを空にする]オプションを使用すると、フォルダー内のメッセージを削除できます。フォルダーを右クリックして、[フォルダーを空にする]を選択してください。フォルダー内のメッセージを削除するには、次のオプションを使用できます。

  1. フォルダー全体を削除
    フォルダー内のすべてのメッセージがごみ箱フォルダーに移動します。
  2. 日付以前に受信したメッセージを削除
    このオプションを使用すると、日付に基づいてメッセージを削除できます。ここで日付を選択すると、その日付より古いメッセージがごみ箱フォルダーに移動します。
  3. 最新のn件のメッセージを除くすべてのメッセージを削除
    このオプションを使用すると、件数に基づいてメッセージを削除できます。ここで件数を指定すると、指定した件数のメッセージがフォルダーで保持されます。この件数を超えるメッセージがごみ箱フォルダーに移動されます。
    Zoho Mailには、[空にする]から、メールを後で参照できるようにアーカイブするアーカイブ機能もあります。アーカイブ機能の詳細については、このヘルプページを参照してください。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohomail.com