Zoho Mailへの移行

Zoho Mailへの移行

現在のメールサーバーからZoho Mailサーバーへのメールの移行:

Zoho Mailは、以前のメールプロバイダーからZoho Mailの対応するユーザーアカウントへデータを直接移行する、とてもシンプルなソリューションを提供しています。 

G Suiteからの移行:

これまでG Suiteでメールをホストしていた場合、G Suite固有の移行オプションを使用してZoho Mailに移行できます。

G Suiteの移行では、予定表や連絡先データをメールと一緒に移行できるため、GmailのIMAP移行に比べて複数の利点があります。また、G Suiteへの移行は、管理者の認証情報のみを使用して行うことができます。G Suiteの移行の詳細な手順については、こちらを参照してください。

Office 365からの移行:

これまでOffice 365でメールサービスをホストしていた場合、管理者はZoho MailコントロールパネルのOffice 365移行オプションを使用できます。これにより、メールだけでなく、各ユーザーアカウントで保存されている予定表と連絡先の詳細も移行されます。 

Office 365からの具体的な移行の詳細については、こちらのヘルプページに従ってください。

Microsoft Exchange Serverからの移行:

Microsoft Exchange Serverは、Microsoftが開発したメールや予定表の管理サーバーです。これまでExchange Serverでメールサービスをホストしていた場合、移行元環境を整えてから移行を追加することで、Zoho Mailに移行できます。Exchange Serverのメール、連絡先、予定表データをZoho Mailに移行します。 

Microsoft Exchange Serverからの具体的な移行の詳細については、こちらのヘルプページに従ってください。

IMAP/POP移行:

これまでG SuiteまたはOffice 365でメールをホストしていなかった場合、最も推奨されるZoho Mailへのメール移行方法はIMAP移行です。IMAP移行では、メールステータスとメールフォルダーを維持して移行するため、移行後も移行前と同じ場所から使用を継続できます。 

古いメールサーバーがIMAPをサポートしていない場合は、POP移行を使用してメールを移行できます。詳細な手順については、こちらを参照してください。

Zoho Exchange/Outlook移行ウィザード:

これまで社内/オンプレミスのExchange Server(POP/IMAP非サポート)でメールサービスを実行していた場合や、ユーザーのメールをオフラインのPSTまたはEMLファイルとして使用できる場合、管理者はExchange移行ウィザードを使用してExchange ServerからZoho Mailの各ユーザーアカウントにメールを移行できます。このウィザードを使用して、Active DirectoryからZoho Mail組織アカウントに移行するユーザーを検出することもできます。Exchange移行ツールは、こちらからダウンロードできます。

ベストプラクティス

  1. 実際の移行プロセスを行う前に、約2~10ユーザーのサンプル移行を実行します。これは、移行元サーバーの動作(ユーザー制限、メールサイズ制限、移行速度など)を把握するのに役立ちます。
  2. 最大接続数は、サーバーが一定の時間に受け入れる接続の数です。サーバーの負荷とユーザー数に応じて、最大接続数を設定します。
  3. ユーザーのバッチ移行を設定する際に、各ユーザーの優先度を設定します。優先度が1のユーザーが最初に移行され、残りのユーザーは設定した優先度に従って移行されます。
  4. 一部のサーバーは、一定の時間が経過するとIMAPでのデータ取得をスロットルします。その後、リアルタイムのメールトラフィックの増加を回避するため、移行のメール取得が遅くなります。
  5. サンプルユーザーのメールボックスは、MXの変更前に配信されたメールを取得するために、再度移行する必要があります。重複は、Zoho側で処理します。また、サンプル移行後にすべてのメールが移行されるよう、サンプルユーザーのメールボックスの最終移行を追加する際、日付制限を設定することもできます。

一般に、最大接続数が10に設定された状態で、それぞれ約2 GBのメールボックスを持つ25ユーザーをバッチ移行するには、約11時間かかります。

適切な移行タイプの選択:

スムーズで適切な移行を実現するには、組織の要件に合った移行タイプを選択することが不可欠です。移行タイプごとに最適なタイプのユーザーがあります。次のセクションを読み、それぞれのタイプが適している状況を把握してください。

POPと比較したIMAP移行の利点:

G SuiteやYahooなどのクラウドホスト型メールサービスや、IMAPアクセスをサポートするクラウドメールサーバーにメールがある場合、コントロールパネルからIMAPを使用してサーバー間の移行を実行できます。 

Zoho MailはIMAP移行とPOP移行をサポートしていますが、IMAP移行にはPOP移行よりも多くの利点があります。

IMAP移行

POP移行

フォルダー情報と一緒にメールを移行します。

POPでは、フォルダー情報は移行されません。すべてのメールが受信トレイに移行されます。

メールのステータス(既読/未読)が維持されます。 

POP経由で移行すると、すべてのメールが「未読」として取得されます。

複数のクライアントをサポート:

  • メールは、他のクライアントからアクセスされていても移行されます。
  • メールは、状態管理機能を使用して複数のクライアントで同期されます。
  • 移行元メールボックスにあるメールは、フォルダー、状態情報と一緒に同期されます。
  • 他のクライアントから送信されたメールは、IMAPを介して同期されます。

1つのクライアントのみをサポート:

  • 複数のクライアントからリクエストされても、メールは1つのクライアントにしか提供されません。
  • POP経由で取得したメールは、移行に使用できません。
  • POPサーバーがサポートしていないため、他のクライアントから送信されたメールは移行されません
一般に、IMAP経由の移行は通常の移行より高速です。移行レポートには詳細な統計情報が出力されます。 POP経由の移行はIMAP移行より低速です。
特定の移行の失敗を正確に追跡できます。エラーを修正し、移行を再実行できます。 取得サーバー(この場合はZoho Mail)から、POP移行の失敗は正確に追跡できません。  そのため、失敗情報はあいまいなものになります。 

PST移行:

使用が推奨される状況:

  • ユーザーまたは管理者が移行を行う。
  • ユーザーデータをPSTファイルとして使用できる。
  • すべてのメールボックスデータ(メール/連絡先/予定表/タスク/メモ)をZoho Mailに移行する必要がある。

クロスチェックすべき点:

[アーカイブポリシー]ページの[フォルダー詳細表示]オプションから、正確なフォルダーとメール数を再チェックできます。このページには、フォルダーごとのメール数とメールボックスサイズが表示されます。

EML移行:

使用が推奨される状況:

  • ユーザーまたは管理者が移行を行う。
  • ユーザーのメールのみを移行する。
  • ユーザーのメールデータを、EMLファイルを含むZIPファイルとして使用できる。

クロスチェックすべき点:

[アーカイブポリシー]ページの[フォルダー詳細表示]オプションから、正確なフォルダーとメール数を再チェックできます。このページには、フォルダーごとのメール数とメールボックスサイズが表示されます。

Exchange移行:

使用が推奨される状況:

  • 管理者がGALまたはLDAPオプションを使用して、移行対象のユーザーリストを取得できる。
  • ユーザーデータをExchangeサーバーで使用できる。
  • すべてのメールボックスデータ(メール/連絡先/予定表/タスク/メモ)をZoho Mailに移行する必要がある。

クロスチェックすべき点:

[アーカイブポリシー]ページの[フォルダー詳細表示]オプションから、正確なフォルダーとメール数を再チェックできます。このページには、フォルダーごとのメール数とメールボックスサイズが表示されます。

移行前

1. Zoho Mailにドメインを追加してください。

2. Zoho Mailでドメインを認証してください。

3. Zoho Mailですべてのユーザーとグループを作成してください。

4. 3または4ユーザーのサンプル移行を実行し、テストしてください。

5. 週末にサービスを切り替えると理想的です(受信メールが少ないため)。

6. メールの切り替えについてユーザーに通知し、切り替え前にログイン詳細情報を提供してください。

7. MXをZoho Mailに変更してください(金曜日の夜/土曜日の早朝)。

8. データの損失を回避するよう、メールルーティングを設定してください。

9. キャッチオールアカウントを作成し(分割配信の場合は該当しません)、ユーザー作成時に見落とされたメールアドレス(グループ/ユーザー)がなかったかどうかを監視、確認します。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohomail.com