適切なメッセージを

[送信]ボタンを押す前に下書きを共有して、同僚から新たな視点や別の意見を集められます。チームメンバーにコメント欄で意見を共有してもらい、下書きを改良しましょう。

詳細はこちら
最新情報を常に伝達

返信と転送を延々と繰り返すのをやめて、メールを共有。チームメンバーとアイデアを交換し、最新情報を伝えられるので、終わりのないメールスレッドが不要になります。

詳細はこちら
慎重に共有

カスタムのフォルダー共有を使うと、1回で複数のメールを共有できます。チームメンバーにフォルダーアクセスレベル(読み取りまたは書き込み)を設定し、いつでも変更できます。

自分のメールアドレスでチームメンバーに代理で返信して欲しい場合は、フォルダーをチームメンバーに委任すれば、このメンバーがあなたのメールアドレスから返信できるようになります。

詳細はこちら