いつでも同期を維持

Windows、Mac、Ubuntu Linuxコンピューターからクラウドへ、あるいはその逆方向へ、問題なく同期できます。オンラインとオフラインの両方で、どのコンピューターでも最新ファイルを検索できます。各ファイルを個別に選択・同期して、カスタマイズも可能です。

オンラインでの移動がかんたん

Zoho Docsでは文書のアップロードがかんたんです。デスクトップでファイルをZoho Docs同期アプリケーションにドラッグ&ドロップし、ファイルをオンラインで移動するだけです。

 

バックアップを作成

貴重なデータを失うことを心配する必要はありません。すべてのファイルをZoho Docsにバックアップして、必要なときにアクセスできます。

 

ファイルを移行

Dropbox、Box、Google Driveのどれを使用していても、ファイルストレージシステムからファイルを移動できます。必要なのはサインインだけ。

オンラインでも、オフラインでも作業可能

インターネットに接続できない山の上でも、接続が限定的なビーチでも、どこからでもZoho Docsを使用して作業を完了できます。

 

ネットワークがなくても、問題なし

オフライン中を含め、いつでも時間の良いときにデスクトップやラップトップで作業できます。オンラインに戻ると、最近の編集内容がすべての端末に反映されます。

 

双方向の同期

双方向的に作業。デスクトップで文章を書き始めてクラウドにファイルを保存することも、オンラインでデータに変更を加えてデスクトップやモバイル端末にある他のエディターでオフライン作業を続けることもできます。

何を同期するか選択可能

作業ファイルに優先順位を付け、最も重要な文書のみを同期できます。各端末に表示するフォルダーをカスタマイズできます。

 

複数レベルで調和を保つ

フォルダーコンテンツの順序を入れ替えることなく、フォルダーやサブフォルダーの同期/同期解除が可能です。

 

分散して保存

複数の端末にすべてのファイルを散乱させるのはやめましょう。端末によって違う文書セットを保存することで、デスクトップのメモリーに過負荷をかけるのを回避できます。

巨大なファイルでも十分に対応

ファイルサイズを気にせずに情報を共有できます。写真、ビデオ、映画のどれであっても、サイズの大きいファイルを高速かつ無料で転送できます。Zoho Docsフォルダーにファイルを追加し、同僚や友人、家族と共有できます。

共有フォルダーを同期

作業の進行状況に応じてチームを最新状態に保ちましょう。共有フォルダー内の文書に変更を加えると、クラウド内とデスクトップ上のすべての端末で同期されます。