同期ツールのダウンロード

Zoho Docs 同期アプリケーションをパソコン(Windows・Mac・Ubuntu Linux)にインストールして、ファイルを同期できます。 パソコン上での変更も、Zoho Docs での変更も、双方向で同期されます。 オフライン時にパソコン上で編集したファイルは、オンライン時に自動で Zoho Docs へアップロード同期されます。

ダウンロード

リアルタイム同期

Zoho Docs 同期アプリをパソコンにインストールし、同期するフォルダを設定します。フォルダにファイルをドラッグ&ドロップするだけで、Zoho Docs にも自動でファイルアップロードされ同期されます。もちろんファイルの更新も同期して反映されます。

 

データバックアップ

Zoho Docs との同期により、パソコンの故障など、不測の事態に備えることができます。 パソコンを変更した場合も、再度同期アプリをインストールするだけで、すべてのファイルを復元できます。

 

ファイル移行

Googleドライブ、Dropbox、Boxなどのストレージサービスからデータを Zoho Docs へかんたんに移行できます。

オフラインでも作業を

インターネットに接続できない環境でも大丈夫。パソコンで編集したファイルは、オンラインにつながったときに自動で同期されます。

 

オフライン対応

地下鉄などのオフライン環境でファイルを更新しても大丈夫です。オンライン時に更新内容が自動で同期されます。

 

双方向同期

パソコンに追加したファイルも、Zoho Docs に追加したファイルも、どちらでも双方向で同期されます。

同期フォルダの選択

作業ファイルに優先順位を設定し、優先度の高いものから同期を行うよう設定することで、よりスムーズに業務が行えます。

 

細かな同期設定

同期設定はフォルダ・サブフォルダごとに細かく設定でき、一部のフォルダを同期しない場合もフォルダ構造を崩すことなくスムーズに同期できます。

 

同期端末ごとの同期設定

Zoho Docs 同期アプリを端末ごとにインストールして、同期するフォルダをそれぞれで設定できます。パワフルなデスクトップにはより多くのファイルを同期し、HDD容量のすくないモバイルパソコンでは必要なフォルダだけ同期する運用が可能です。

大容量ファイル対応

Zoho Docs 同期アプリで大容量ファイル(画像・動画・映画など)を保存すれば、簡単にメンバーと共有できます。

チームメンバーと同期

Zoho Docs同期アプリは、他のメンバーが行ったファイルの変更も反映します。

 

共有されたフォルダの同期

チームで共有しているフォルダ内のファイルを編集しても、常に最新の状態でメンバーに共有されます。

 

複数台のパソコンと同期

Zoho Docs は無料で最大5台のパソコンと同期できます。複数の端末で作業が行なえます。