Zoho CRM - サービス利用規約

顧客管理サービスZoho CRMは、Zohoの 一般サービス規約および下記条件(以下「本規約」)に従い、ZOHO CORPORATION(以下「Zoho」)によってユーザーまたはユーザーが代表を務める団体(以下「ユーザー」)に提供されます。Zoho CRMを利用することで、本規約および 一般サービス規約に同意したものとみなします。本規約に同意しない場合は、以降の手続きを行わず、いかなる手段においてもZoho CRMを利用しないものとします。

Zoho CRMへのアクセス

Zoho CRMは、オンラインコラボレーション、ビジネスの運営および生産性を向上するサービスであり、Zohoが提供するサービスの一つです。Zoho CRMのアクセスには、すべてのZoho サービスに共通するアカウント(以下「Zohoアカウント」)を使用します。

他Zoho サービスへのアクセス

Zoho CRMは、多くのZohoサービスと連携できます。また、Zoho アカウントを使用し、すべてのZoho サービス(Zoho CRMと連携しないサービスを含む)にアクセスすることができます。一部のZoho サービスは、当該サービスの利用において固有のサービス規約(以下「サービス固有規約」)に同意しなければなりません。当該Zoho サービスを利用する前に、サービス固有規約を確認の上、同意しなければなりません。

Zoho CRMとの連携による外部サービスへのアクセス

Zoho CRMは、多くの外部サービス(以下「外部サービス」)と連携しています。Zohoは、今後さらに多くの外部サービスをZoho CRMと連携することを予定しています。また、APIを使用して任意の外部サービスとZoho CRMと連携することもできます。ただし、当該外部サービスがAPIによる連携を認める場合にのみ限定されます。外部サービスのアクセス、利用においては、当該外部サービスに適用されるサービス利用規約およびプライバシーポリシー(以下「外部サービス規約」)に同意しなければならない場合があります。ユーザーは、外部サービスにアクセス、利用する前に、外部サービス規約を確認の上、同意しなければなりません。

メールポリシー

Zohoは、正しいメールの利用を提唱しています。ユーザーが送信するメールの不達率が一定許容範囲を上回った場合に、当該ユーザーのアカウントからメールを送信することができなくなります。Zoho CRMから商用メールを送信する際には、当社の迷惑メール防止規定の要件に従わなければなりません。

Zohoは、Zohoのシステムを利用して違法行為が行われることを防止する義務があります。Zoho サービスから送信されるメールの到達率の向上と当社の評判維持のため、Zoho CRMを介して送信されるメールは自動ツールによって監視されます。Zohoの定める規約に対する違反行為があった場合には、Zohoは、ユーザーのアカウントからメールを送信することを停止する場合があり、ユーザーへのサービス提供を終了する場合もあります。

Zoho CRMのメールアドオン

Zoho CRMのメールアドオン(以下「メールアドオン」)を使用することにより、Zoho CRMのアカウントにおいてメールを取得、閲覧、作成、送信できます。メールアドオンの設定(以下「設定」)として「カスタム(データ別の共有)」または「公開(すべてのメールの共有)」が選択されている場合には、Zoho CRMの同一アカウントの他ユーザーは、管理者が設定した権限に従って、取得されたメールを閲覧することができ、Zoho CRMのアカウントが保有するデータの一部として保持されることがあります。ユーザーが設定として「カスタム」または「公開」を選択し、管理者が当該設定をロックすると、ユーザーは、管理者の許可なく当該設定を変更することができなくなります。

Zoho CRMの使用上限

Zohoは、利用プランに基づいて使用上限を定めることができます。ユーザーは、サービスの提供中断を防ぐため、Zohoが定める使用上限を超えないよう、使用状況に注意する必要があります。ユーザーは、使用上限に達した場合に、Zohoが使用を制限する場合があることを理解しているものとみなされます。

APIの利用に関する規約

Zohoが提供するAPIを利用して、Zoho CRMと外部サービスとの連携を有効にするには、技術的スキルが必要です。ユーザーは、連携のエラーまたは不具合により、データが喪失および破損する可能性があることを理解しているものみなされます。ユーザーは、外部サービスとの連携を有効にするため、技術的スキルを備えた上で作業にあたらなければなりません。Zohoは、連携時のエラーまたは不具合によるデータの喪失および破損について責任を負いません。

ユーザーは、APIに関する文書において公表されていない機能にアクセスしてはなりません。Zohoは、公開されていないAPI機能へのアクセスおよびその使用による結果に対して責任を負いません。

APIの非推奨化

Zohoは、その裁量により、APIの中止または新バージョンへのアップグレードにより、現行のAPIのバージョンの提供を停止する場合があります。いずれの場合にも、現行のAPIのバージョンは推奨されないバージョン(以下「非推奨バージョン」)となります。Zohoが現行のAPIのバージョンを非推奨とすることを決定した場合、サービス告知によってその旨を通知します。Zohoは、サービス告知から6か月間(以下「廃止期間」)、非推奨バージョンをサポートするため、商業上において合理的な努力をします。ユーザーは、Zohoが非推奨バージョンについて新バージョンと同等の機能を提供する義務を負わないことを理解しているものとみなされます。

Zohoは、i)法的に非推奨バージョンのサポートを中止することを求められている場合、ii)ユーザーが本サービス利用規約または一般サービス利用規約の規定に違反した場合、iii)当該APIをサポートすることでZohoにセキュリティリスクをもたらす可能性が高いと判断した場合には、その裁量により、廃止期間中に非推奨バージョンのサポートを中止することがあります。

APIの使用上限

Zohoは、APIの使用上限(APIの呼び出し回数、呼び出しレコード数、帯域幅使用量、呼び出し頻度に対する上限を含む)を定めることができます。ユーザーは、サービスの提供中断を防止するため、Zohoによって定められた使用上限に従う必要があります。ユーザーは、APIの使用上限に達した場合に、ZohoがAPIの使用を制限する場合があること、およびAPIの呼び出し前または呼び出し中に使用上限に達した場合に、APIの呼び出しが失敗する、または一部のみ実行される場合があることを理解しているものとみなされます。

利用規約の変更

Zohoは、本サービス利用規約を変更する権利を有します。本サービス利用規約の変更が有効となった後も、お客様が利用を継続した場合には、変更後のサービス利用規約に同意したものとみなされます。

更新日:2017年3月20日

お客さまと弊社の契約関係には、本文書の英語版が適用されます。本文書はお客さまの利便性の向上を目的として提供されており、本文書の英語版が規定する契約関係には影響を与えません。本文書の英語版については Zoho CRM - Terms of Useご覧ください。