ウィジェット - 概要

Zoho CRMのウィジェット - 概要

場合によっては、CRMとは異なる市販のソフトウェアのサービスを使用する必要もあるかもしれません。たとえば、誰かに電話をかけるためのソフトウェアなどです。これは別個のソフトウェアとして入手できますが、従来のCRMでは使用できません。でも、心配しないでください。Zoho CRMのウィジェットにより、JSソフトウェア開発キットを使用して、組み込み可能なUIと機能を自分で設定できです。これらのウィジェットは、外部サービスアプリケーションからのデータをシームレスに利用する特定の機能を実行するために使用できます。

分析ソフトウェアを使用して測定する特定の指標があるとします。この場合、分析用の新しいタブを開く必要があります。また、Webサイトのモニタリング、他のサービスからのデータなど、他のサービスを使用する場合は、作業する必要がある項目が様々な部分に分かれています。Zoho CRMのウィジェットを通じて、上記のサービスからのデータを使用し、それらを表示し使用してCRM内で処理を実行できます。たとえば、都市内の販売分布のヒートマップを表示するウィジェットを作成できます。販売が好調な地域とそうでない地域を把握し、それに応じて計画を立てることができます。

ウィジェットを使用すると、次の操作ができます。

Zoho CRMに外部サービスを含めることにより、アプリケーションの機能を向上できます。Zoho CRMのウィジェットを使用すると、CRMに組み込み可能なUIコンポーネントを構築し、それらを外部アプリケーションとシームレスに連携させることができます。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohocrm.com