関数 - 概要

関数 - 概要

Zoho CRMの関数は、サーバーレスコンピューティングアーキテクチャーに準拠しています。クラウドプロバイダーがマシンリソースの割り当てを動的に管理する、クラウドコンピューティングの実行モデルです。Zoho CRMには、Delugeスクリプトを使用して独自の関数を記述し、これらの(Zoho CRM内専用)コードをサーバーに適用することを気にせずに、コードを実行するオプションがあります。これは「サーバーレス」と呼ばれていますが、サーバー管理は自動的に行われるため、ユーザーやお客さまに気付かれることはありません。

Zoho CRM関数は、単純なプログラムスクリプトを実行することで、関連するCRMタブまたは外部サービスアプリケーションのデータを更新するのに役立ちます。関数が特定の条件に一致すると、CRMによって自動的にその関数がトリガーされ、CRMデータが更新されるように関数を設定してください。関数を使用して、(Zoho Creatorによる)Delugeスクリプトを使用してスクリプトをプログラムしたり、スクリプトをワークフロー、カスタムボタン、関連リスト、スケジュールなどに関連付けたりすることができます。

関連項目

利用条件

必要な権限:「タブのカスタマイズ」権限と「ワークフローの管理」権限を持つ管理者とユーザーが、この機能にアクセスできます。

ビジネスシナリオ

  • 各商談(ステータスが受注)から関連アカウントの総収益(カスタム項目)までの集計金額。顧客が10回支払いを行った場合は、レポートを作成する代わりに、[取引先]ページから総収益を表示できます。顧客から得られた総収入に基づいて、タイプA、タイプB、タイプCの顧客を等級分けすることができます。
  • CRMで商談が成立して完了したら、Zoho Projectsまたは外部サービスのプロジェクト管理アプリケーションでプロジェクトを作成してください。また、プロジェクトの進捗状況を監視するために、アカウントまたは商談データの下にあるプロジェクトリンクを表示します。
  • 親アカウントの郵送先住所に基づいて連絡先の住所情報を自動的に更新します。
  • 商談ステータスが「受注」の場合は、商談、関連する連絡先、アカウントの詳細をZoho Booksまたは外部サービスの会計ソフトウェアにプッシュします。会計ソフトウェアで請求書のステータスが「paid」に変更されると、すぐにCRMで商談のデータが更新されます。

対象者

  • ユーザーのワークフロー、スケジュール、関連リスト、カスタムボタンを設定するCRM管理者。
  • REST APIとDelugeスクリプトのスキルを持つプログラマー。

注意すべきポイント

  • 実行する関数は20万行を超えてはなりません。
  • 関数は5分以内に実行する必要があります。
  • できるだけ連携タスクを使用します。
  • 「メール送信」関数には、メール1,000件/日という制限があります。
  • Zoho CRMのV2 API(連携タスクでは使用できません)を使用している場合は、「Zoho OAuth」接続を使用してください。関数を最大限に活用しながらAPIの制限を守ることができます。接続の詳細については、こちらをご覧ください。
  • サーバーレス関数を使用して、CRMとの間でデータをかんたんに送信/プッシュできます。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohocrm.com