外部連携の利用

外部連携の利用

Zohoは、Googleの主要サービス(連絡先、カレンダー、Google AD)やMicrosoftソフトウェア(MS Office、MS Outlookなど)を含む、さまざまな外部サービスアプリケーションの連携サポートを提供しています。ただし、Dropbox、PandaDoc、Google Driveなど、CRMと直接連携できないサービスもあります。このような場合は、コネクターを使用してZohoの外部サービスのサポートを拡張できます。コネクターはOAuth 2.0プロトコルを使用して、この連携をしやすくします。

重要な用語

  • クライアント - 外部システムに保存されているデータへのアクセスをリクエストするアプリケーション。Zoho CRMでコネクターを作成する場合、クライアントは外部サービスのアプリケーションとサービスです。
  • リソース - クライアントがアクセスしようとしているアプリケーションまたはサービス。この場合、リソースは、連携しようとしている外部サービスのサービス(例:MailChimp)です。
  • リクエストトークンのURL - このURLは、リソースサーバーへの承認リクエストの送信に使用されます。リソースサーバーは、このリクエストを承認するようにリソース所有者(ユーザー)に要求してください。
  • アクセストークンのURL - リソース所有者によってリクエストが承認されると、サーバーはクライアントにアクセストークンを送信します。このトークンは、クライアントがリソースデータにアクセスするたびに交換する必要があります。
  • リフレッシュトークンのURL - 一部のアクセストークンは、限られた期間だけ有効です。アクセストークンの有効期限が切れると、クライアントは、リフレッシュトークンのURLを使用して、リソースから別のアクセストークンを取得する必要があります。
  • クライアントID - すべてのクライアントアプリケーションに提供される一意の識別子。このIDは、リソース所有者によって提供されます(例:MailChimp)。
  • クライアントシークレット - すべてのクライアントアプリケーションには、シークレットコードがマッピングされています。これは、リソースへの不正アクセスを防止するために行われます。
  • リダイレクトURL - データアクセスが承認されると、エンドユーザーがリダイレクトされるURLです。クライアントアプリケーションは、リダイレクトURLを自動的に作成します。

Zohoクライアントの登録

Zoho CRM APIはOAuth2標準で認証されているため、クライアントアプリをZohoで登録する必要があります。アプリを登録するには:

  1. こちらのページにアクセスしてください。https://accounts.zoho.com/developerconsole
  2. [クライアントIDの追加]をクリックしてください。
  3. クライアント名とクライアントのドメインを入力してください。
  4. リダイレクトURIに"https://deluge.zoho.com/delugeauth/callback"と入力してください。
  5. [クライアントの種類]には、[Webベース]を選択してください。
  6. [作成]をクリックしてください。
  7. これで、クライアントアプリが作成され、表示されるようになります。
  8. 新しく登録されたアプリのクライアントIDとクライアントシークレットは、[オプション]→[編集]をクリックして確認できます。
    (オプションは、右隅にある3つの点のアイコンです)

  • [外部連携]タブでネイティブに使用できないアプリの場合は、この手順に従う必要があります。たとえば、外部連携に「独自サービス」を追加する場合は、この手順が必要です。

外部連携の設定

提供されている既存の外部連携を使用して、外部連携を設定したり、最初から外部連携を作成したりできます。

コネクターを作成するには

  1. [設定] > [開発者向け情報] > [外部連携]に移動してください。
  2. [+最初の外部連携を作成]をクリックしてください。
  3. [独自サービス]タブをクリックしてください。
  4. 外部連携するサービスの名前を指定してください(例:MailChimp)。
  5. 外部サービスのアプリケーションまたはサービスでサポートされている認証のタイプを選択してください。
  6. 外部サービスのサーバーに関する次の詳細情報を入力してください。
    • クライアントIDクライアントシークレット
    • リクエストトークンURL:コネクターがリソースサーバー上のデータにアクセスするための認証をリクエストできます。
    • アクセストークンURL:承認されると、リクエストトークンとトークンキーがアクセストークンに交換され、コネクターが外部サービスのサーバーから特定の情報を取得できるようになります。
    • リフレッシュトークンURL:一部のアプリケーションでは、特定のトークンの有効期間を制限することによって、セキュリティーを強化してください。このような場合は、リフレッシュトークンのURLを指定して、コネクターがアクセスを再認証できるようにする必要があります。
  7. 外部連携に任意の名前を指定してください。
  8. 外部連携の[スコープ]を指定してください。各外部連携のスコープは、外部サービスのサービスによって提供されます。提供されるスコープについては、各外部サービスのサービスのヘルプを参照してください。
  9. [設定して連携]をクリックしてください。

外部連携が設定されると、[サービスの選択]タブで使用できるようになります。

トークンについて

リクエストトークン、アクセストークン、リフレッシュトークンのURLは、Webアプリケーションによって提供されます。これらのURLは、Webアプリケーションの開発者向け情報から取得できます。たとえば、GoogleアプリケーションのURLはここで入手できます。

どのサービスでも、リクエストトークン、アクセストークン、リフレッシュトークンURLには、スコープ、状態、クライアントID 、アクセスタイプなど、複数のパラメーターがあります。これらのパラメーターは、サービスごとに異なる場合があります。ただし、リダイレクトURL、クライアントID、レスポンスタイプの3つのパラメーターはすべてのサービスに共通です。これらのパラメーターはZohoによって処理されます。'スコープ'、'状態'、'アクセスタイプ'などの他の必須パラメーターがある場合、開発者は外部サービスのサービスが指定する形式でそれらを指定する必要があります。

Google APIのサンプル:

https://accounts.google.com/o/oauth2/v2/auth?scope=email%20profile&state=security_token%3D138r5719ru3e1%26url%3Dhttps://oa2cb.example.com/myHome&access_type=offline

外部連携の使用

[サービスの選択]タブには、使用可能な外部連携のリストが表示されます。既存の外部連携を選択するか、[独自サービス]タブから作成した外部連携を選択できます。外部連携は、関数内で呼び出して使用してください。

関数内での外部連携の使用方法を見てみましょう。

  1. [設定] > [開発者向け情報] > [外部連携]に移動してください。
  2. [サービスの選択]タブから必要な外部連携を選択してください。
  3. 外部連携名を指定してください。
  4. [設定して連携]をクリックしてください。
  5. 次のページに、外部連携の[リンク名]、[サービス名]、[ステータス]が表示されます。
  6. また、外部連携を呼び出すための関数で使用されるコードもボックスに表示されます。
  • URLは、外部サービスのサービスから取得できます。
  • POST、PUT、GET、DELETEの各タイプは、リクエストが実行するアクションのタイプを決定するHTTPメソッドです。
  • パラメーターは、APIに存在する動的な値をユーザー固有の値に置き換えるために、関数によって使用されます。たとえば、APIが名前、メールアドレス、連絡先番号などの見込み客の詳細を取得する必要がある場合、これらの値はAPIの動的な値で表されます。この動的な値は、パラメーター関数を使用して、[見込み客の詳細]ページから実際の値に置き換えることができます。この後の例では、この関数について詳しく説明します。
  • コード内のConnectionはリンク名です。

上記のコードブロックを使用してURLを呼び出し、外部サービスのアプリをZoho CRMと連携させることができます。URL呼び出しタスクの詳細については、こちらをクリックしてください。

URLの呼び出しは通常、こちらの関数内で実行されます。

外部連携サンプル

シナリオの例を見てみましょう。たとえば、キャンペーンの連絡先、キャンペーンで獲得した見込み客など、MailChimpからキャンペーンに関する詳細を知りたいとします。Zoho CRMには[キャンペーン]タブがありますが、より詳細な情報はMailChimpでのみ使用できます。

これらの情報をすべてMailChimpからCRMに取り込むには、CRMとMailChimpを連携させるコネクターを作成し、必要な条件が満たされたときに、このコネクターを実行する関数を記述する必要があります。

ステップ1:リクエスト、アクセス、リフレッシュトークンの取得

まずMailChimpサーバーからリクエストトークンを取得し、アクセストークン、リフレッシュトークンのURLを取得する必要があります。

  1. [設定] > [開発者向け情報] > [外部連携]に移動してください。
  2. [カスタムサービス]タブをクリックしてください。
  3. サービス名を"MailChimp"と指定してください。
  4. 認証タイプを"OAuth 2"に設定してください。
  5. 次の情報を入力してください。
    • クライアントID:{your_client_id}
    • クライアントシークレット:{your_client_secret}
    • 認証URL:https://login.mailchimp.com/oauth2/authorize
    • アクセストークンURL:https://login.mailchimp.com/oauth2/token
    • リフレッシュトークンURL:https://login.mailchimp.com/oauth2/token
  6. 外部連携の名前を指定してください。
  7. MailChimpで指定されたとおりに、外部連携のスコープを指定してください。
  8. [設定して連携]をクリックしてください。

ステップ2:コネクターの有効化

コネクターを追加したら、使用する前に有効にする必要があります。

  1. [設定] > [開発者向け情報] > [外部連携]に移動してください。
  2. "MailChimp"コネクターは、[サービスの選択]タブにあります。
  3. [MailChimp外部連携]ページで、現在の外部連携の名前を入力してください。
  4. [設定して連携]をクリックしてください。
  5. レスポンスにより、カスタム関数で使用できるコードが得られます。
  6. このコードを使用して、カスタム関数を使用してAPIを呼び出すことができます。

ステップ3:コネクターを呼び出すためのカスタム関数の記述

コネクターが公開され、拡張子に関連付けられると、カスタム関数を使用して呼び出すことができます。次のいずれかの操作を実行できます。

  1. Zoho CRMからMailChimpへのデータの投稿
  2. MailChimpからZoho CRMへのデータの取得

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohocrm.com