100万人のユーザー、200万のアプリ

起業家、中小企業、教育機関、非営利団体が、Zoho Creatorを愛用しています。

ユーザーの91%が独自にアプリを開発しています。

自分で開発 Zoho Creatorの開発者が構築 IT部門が開発

ユーザーの95%がZoho Creatorを、お勧めしています。

いいえ はい

出典:Zoho Creatorのお客さまアンケート。

3つの方法で開始:

データベースを作成するには、3つの方法があります。データベースアプリケーションを新しく作成するか、.xls .csv .mdb からデータをインポートできます。

ゼロからデータベースをスクラッチ開発

フォーム(テーブル)を作成してデータベースを構築できます。項目のドラッグ&ドロップだけで構築ができ、データベース構造や、フォームやフォーム間のリレーションを設定できます

Excelスプレッドシート(​​.xls .csv .tsv)からデータをインポート

スプレッドシートをインポートし、データベースを一瞬で作成できます。必要なときにいつでもWeb上でデータベースを整理できます。複雑なテーブルや数式も簡単に管理できます。詳細はこちら

MS Accessデータベース(.mdb)を移行

Microsoft SharePoint、MySQL、PostgreSQL などでの処理を経由せずに、MS AccessデータベースをWebオンライン上で移行処理できます。詳細はこちら

その他の機能:

 
フォームのデザイン
ビジネスロジック
分析とレポート
カスタマイズ
コラボレーション
その他

ドラッグ&ドロップ

簡単で使いやすいインターフェイスにより、独自のデータベースを瞬時に作成できます。項目(データ型)をドラッグ&ドロップするだけでフォーム(テーブル)を作成できます。ドラッグ&ドロップ機能を使用してビジネスルールを追加することもできます。

項目とデータ型

一行テキスト、複数行、チェックボックス、ラジオボタンなど、25種類の項目タイプに対応しています。フォームやテーブルに画像、メモ、ファイルを追加することもできます。

フォームのプロパティ

データ送信後にユーザーに表示する「サンキュー」メッセージなどをカスタマイズできます。たとえば、「データを登録していただき、ありがとうございました」や「データが正常に追加されました」といったメッセージを追加できます。すべての項目の幅はカスタマイズ可能です。また、CAPTCHA認証コードを設定することで、スパム入力や自動ロボットよる無効な入力を排除できます。

アクション/トリガー

フォーム/表レベル - フォーム読み込みのタイミングや、入力データの検証タイミング、データがサブミット送信のされたタイミングで、アクションを実行できます。

項目やデータタイプレベル - 項目値がフォーム内で変更されたタイミングで、アクションを実行できます。

スケジューラー

スケジューラーを使用すると、フォームの日付と時刻にもとづいて、定期タスクを実行できます。

  • 自動メール送信
  • データを添付してメール送信
  • 「geturl」や「posturl」などのWeb APIタスクを予約設定
  • フォームにある誕生日、予定、プロジェクト締め切り日などを自動予約

カスタムアクション

カスタムアクションは、データビューで選択したデータに対して実行されます。関数を定義して、カスタムアクションとして設定。たとえば、「メール通知の送信」というカスタムアクションを設定した場合、任意のデータを選択してカスタムアクションをクリックするだけで、メールの自動送信が実行されます。

カスタムデータ検証

「Validation(データ検証)」は、ユーザーの入力したデータがフォームで設定した条件と一致するかどうかを検証するスクリプトです。ユーザーがデータを送信している間、検証がサーバー上で実行されます。検証の種類:追加時、編集時、削除時。

データの可視化

Zoho Creator は、データの表示方法として6つの方法を提供します。

  • リストビュー、サマリービュー、スプレッドシートビュー、カレンダービュー
  • グラフビュー - 列、棒、折れ線、ステップ、円グラフでデータを表示
  • HTMLビュー - ダッシュボードページやカスタム請求書などを作成

検索、ソート、フィルタリング、グループ化、および基準の設定。

検索、並べ替え、フィルターなどの、シンプルで強力なデータ検索ツールを利用できます。特定の列のデータでグループ化できます。特定の基準に応じたレコードのみを表示することができます。例えば、”status”=”opne" といった条件に一致するレコードのみを表示するCriteria(基準)ベースのビューを作成できます。

カスタムページの作成

HTMLコードとDeluge(Zoho Creator 独自のスクリプト言語)を組み合わせてカスタムビューを作成できます。HTMLページを作成して、データベースから動的コンテンツを配置することも可能です。ダッシュボードページ、カスタム請求書、請求書など、自在に作成できます。

リブランディング

自社のブランドイメージに合わせて、Zoho Creator 全体をカスタマイズできます。配色を変更したり、レイアウトをカスタマイズしたり、独自のロゴを追加したりできます。

テーマ

6つのテーマから基本的なデザインを選択できます。さらにギャラリーからアイコンを選択して、アプリケーション(フォームとレポート)をユーザーに分かりやすく表示できます。

非公開アクセス

データベースを「非公開」にし、メールでチームやメンバーに対してのみ共有できます。以下の3つのレベルで共有できます:

  • アプリケーションレベル - すべてのフォームとビューへのアクセス
  • ページ/タブレベル - ページ/タブに配置された、すべてのフォームとビューへのアクセス
  • フォーム/ビューレベル - 特定のフォーム/ビューにのみアクセス

インターネットに公開

データベースを「公開」に設定して、インターネット上の誰もがデータの表示/追加ができるようにします。データは、GoogleやBingなどの検索エンジンによってインデックスされます。

メール通知

ユーザーがデータを追加、変更、削除したタイミングで、メールを通知できます。追加/変更されたデータをメールの本文に記載もできます。

データのエクスポート

データベースから次の形式でデータを簡単にエクスポートできます:

  • スプレッドシート
  • PDF
  • HTML
  • .CSV、.TSV
  • JSONフィード

モバイルアクセス

iOS、Android、Windowsモバイルアプリから、すべてのデータベースにアクセスできます。Internet Explorer 11以降、Opera、Safari、その他のWAPブラウザに対応

コミュニティ

データベースの構築を支援する開発者のコミュニティがあります。Zoho Creator フォーラムで最新のトピックを確認できます: Zoho Creatorフォーラム