Incident Tracker

インシデントをリアルタイム追跡し、職場の安全を確保

安全な職場こそが効率的な職場だといえます。インシデントトラッカーアプリを使用すれば、インシデントを記録して、その影響や緊急性で分類し、適切なチームに割り当て、進捗状況を追跡し、潜在的な問題を報告することができます。

このアプリをお試しくださいアプリにアクセスアプリにアクセス
See how the app works

事故の発生に備えて準備を整える

  • リアルタイムのアラートに対応

    重要なのは、被害にどれだけ迅速に対応できるかです。インシデントを種別、発生現場、被害状況などで分類し、問題に積極的に対処できる適切な担当者に通知するワークフローを構築しましょう。

  • 詳細な情報を迅速に取得

    徹底的な調査では、すべてが重要となります。従業員は詳細な説明を付記し、画像をアップロードして、場所を特定し、インシデントの発生日時と種別を詳しく報告できます。これにより、実際の状況を把握することが可能です。

  • 根本原因を分析

    インシデントをその重大度に基づいて確認し、早急な対応を要するものとそうでないものとを判断しましょう。インシデントの傾向に関する洞察を取得し、その発生頻度や一般的な原因、対応に要する時間を特定できます。

  • 適切なデータへのユーザーのアクセス

    インシデント記録をすべて一元化された安全なリポジトリーに保持し、よりスマートなインシデント管理システムを推進してください。各従業員のプロフィールを作成し、関連データを適切なチームと共有しましょう。

アプリ兼プラットフォーム

  • カスタマイズ

    ドラッグ&ドロップ式のワークフロービルダーとガイド付きスクリプト機能を使用して、かんたんにZoho Creatorをカスタマイズできます。チームが安全に関する最新の指示を常に把握できるよう、ドキュメントリソースセンターなどの新しい機能やタブを追加できます。

  • モバイル利用

    Zoho Creatorの標準アプリケーションは、あらゆる端末またはオペレーティングシステム上ですぐに使用できます。従業員の職場が倉庫かデスクかを問わず、オフラインでもいつでもインシデントを報告できます。

  • 連携

    インシデントトラッカーアプリを、HRや検査管理ソフトウェア、その他外部サービスソフトウェアなど組織内の既存システムと接続し、必要な情報に円滑にアクセスできます。