サービス内容合意書(SLA)の自動化で期日を守る

サービス内容合意書(SLA)とは、「重要なバグはXX時間以内に解決する」といったルールを使用して、提供するサービスレベルを定義する契約のことです。十分な時間的余裕を持って通知が行われる「エスカレーション」を設定することで、この契約を違反しないように徹底できます。また、専門的経験が豊富な開発者に未解決の問題を割り当て直すなど、アクションを自動化することも可能です。

最初から最後まで、プロセスを自動化

SLAを作成し、実行するタイミングを指定したら、すべてのプロセスが自動的に行われるため、ステップごとにモニタリングする手間が省けます。

目指す目標を設定

作成した各SLAに、達成したい目標を設定します。たとえば、「Show stopper」とマークされているバグは6時間以内に修正することや、バグの解決策は1時間以内に投稿することなどを定義できます。

必要に応じてエスカレーションを行い、SLAを保証

エスカレーションは多くのレベルで行うことができます。たとえば、問題が未解決のままの場合、2時間以内に上級開発者へ、4時間以内に技術リーダーへ、6時間以内にプロジェクトマネージャーへ通知するように設定できます。また、どのレベルでどのようなアクションをとるべきかを指定することもできます。

最新情報を顧客と共有

プロジェクトユーザーや顧客ユーザーに、バグ修正の進捗状況を通知できるようになりました。定義済みの条件を満たすと送信されるメール通知により、最新情報を提供しましょう。