ニーズに合わせてバグ管理を自動化

ユーザーやその顧客のニーズに合わせて、柔軟で使いやすいバグ追跡アプリケーションを構築しました。ワークフローやビジネスルールを使用してプロジェクトをカスタマイズし、組織固有のニーズを反映させながらバグをかんたんに分類する方法をご確認ください。

カスタムワークフロー

カスタムのワークフローを使用すれば、プロジェクトごとに異なるワークフローを定義できます。ワークフローは一連のステップから構成されます。既存のワークフローを編集してワークフローをカスタマイズすることも、ゼロから作成することもかんたんです。

メール通知をトリガー

バグの登録、割り当て、解決などのさまざまなイベントに関するメール通知をユーザーに送信できます。バグについての通知パターンを設定するだけでメールが送信されます。

ビジネスルールを定義

ビジネスルールのライブラリを構築し、重大度の変更やユーザーへのバグ割り当てといったアクションを実行できるようになります。ビジネスルールはバグが更新されると必ずトリガーされます。

カスタムフィールド

カスタムフィールドを使用すれば、独自のテキスト、数値、日付フィールドを自由に作成して、バグを必要な方法で追跡できます。たとえば、「顧客ID」というカスタムフィールドを追加して、顧客から報告されたバグを追跡することができます。

バグを分類

バグの分類も、かんたんです。Bug Trackerでは、セキュリティ、パフォーマンス、操作性など、プロジェクトのニーズに応じてさまざまな分類方法でバグをグループ化できます。

バグの重大度を設定

バグに重大度を設定して、バグがどれくらい深刻なものか、そのバグがユーザーの作業にどれくらい悪影響を及ぼしているのかを示すことができます。プロジェクト用に重大、やや重大、軽度などの重大度を作成しましょう。