バグ・課題管理の効率的な管理

あなたのニーズにもとづいて柔軟にカスタマイズし、課題をシンプルに分類し、管理できます。ワークフロー、ビジネスルールの設定により、プロセスを自動化し確実に課題を管理できます。

カスタムワークフロー

プロジェクトごとにワークフローをカスタマイズして設定できます。ワークフローはバグの各ステータスと、ステータスの変更をトリガーに構成されます。一度作成したワークフローは編集して再利用することもできます。

メール通知

課題の作成、割り当て、解決など、さまざまなイベントに関するメール通知をユーザーに送信できます。課題の通知パターンを設定するだけで、送信が自動化されます。

ビジネスルール設定

ビジネスルール設定では、バグの割り当て、重大度の変更などを自動化できます。ビジネスルールは、課題に関する更新をトリガーに実行されます。

カスタム項目

独自の管理項目をカスタム項目として作成できます。テキスト項目、数値項目、日付項目などを作成できます。たとえば、「お客さまID」というカスタム項目を追加すれば、特定のお客さまから報告された課題を容易に管理できます。

課題の分類

課題の分類が可能です。セキュリティ、パフォーマンス、ユーザーインターフェースなど、さまざまな分類に課題をグループ化できます。

バグの重大度設定

バグや課題の重大度を設定できます。課題の深刻度、業務に及ぼす影響の大きさを定義し、プロジェクトにおける重大度を設定できます。