ビジネスの成長に集中できます - スケジュール管理はZohoにお任せください

24時間対応の予約管理

ビジネスの詳細情報を設定するだけで、細かくカスタマイズ可能な予約ページが自動的に表示されます。予約ページをWebサイトに埋め込み、ドメインで起動し、リンクをメールで共有することで、見込み客はいつでも必要なときに話し合いを予約できます。 

即時支払い

相談料を前払いで受け取ることができます。サービスごとの保証金として定額料金を指定するか、全額を請求することができます。いずれの場合も、一般に利用されている支払ゲートウェイを使うことで、速やかな支払いの受け取りができます。また、オフラインでの支払方法も設定でき、ステータスは支払いの受取後に手動で更新できます。

1回かぎりの設定だけでかんたんに管理できるので利用しない手はありません

タイムリーなリマインダー

メールとショートメールによるアラートを設定するだけで、スケジュールのトラッキングがかんたんにできます。今後の予約スケジュールや予約の変更に関する通知が届くので、毎日、毎週、毎月ごとの予定を確実にトラッキングでき、必要なときに休暇を取ることができます。

カスタムポリシー

Zoho Bookingsは、ユーザーのニーズに個別に対応できます。たとえば、予約の受け付けを当日の2日前に締め切るなどです。また、予約締め切り後のキャンセルや無断キャンセルについては追加料金を請求するよう予約ポリシーを設定することもできます。Zohoは、そんなお客さまの業務を細かくサポートします。 

フレックスタイムの管理

すべてのビジネスが9時から17時という定時で動いているわけではありません。特に弁護士のような職業の場合、通常の業務時間以外も仕事をしています。Zoho Bookingsでは、毎日の空き時間を細かく指定できます。たとえば、今週末は数時間働いて、来週末は10時間働くような場合、何の問題もなくすべてに対応できます。

クライアント顧客データ管理

顧客は自分の詳細情報に安心してアクセスできます。クライアントは専用のカスタマーポータルを使用して、次回の予約確認や新たな予約の申し込みができるだけでなく、以前の予約で取ったメモを参照することもできます。その一方で、弁護士は通常のクライアントやその訴訟履歴を網羅した包括的なデータベースを利用できます。

モバイル更新

弁護士は常時、事務所のデスクで仕事をしているわけではありません。では、なぜ予約システムが必要なのでしょう?Zoho BookingsにはiOSとAndroidアプリが含まれているので、予約状況、顧客の詳細情報、次回の予定などに、どこからでもアクセスできます。

検討に値する豊富な機能Zoho Bookingsをぜひお試しください。前払い金のお支払いやクレジットカードは不要です