ダイナミックな通信分野向けのパーソナライズされたデータベース

無料お試しに今すぐ登録しましょう
Zoho WorkDriveケーブル

世界的なデジタル化の重要なけん引役として、通信業界は現在の市場環境の急激な成長を目の当たりにしています。通信会社では、Zoho WorkDriveを使用することで、スタッフ、現場担当者、顧客の間のコミュニケーションをかんたんに効率化できるだけでなく、コンプライアンス目標も達成できます。

ドキュメントコラボレーションの安全性を確保

効率的なコラボレーション

業務の拡大に応じて、コラボレーションに対応するZohoのチームフォルダーでチームプロジェクトを一元管理しましょう。

情報をより適切に管理する

部門フォルダー内のファイルとフォルダーを整理することで、営業チーム、通信担当者、サービススペシャリスト、マネージャーがドキュメントの制御や情報フローの管理を行い、よりかんたんにアクセスできるようになります。

 

リモートワーク

タイムゾーンが大きく異なると、多くの場合、顧客サポートの担当者は顧客と明確な意思疎通を図れるよう、通常の業務時間外に対応することになります。WorkDriveは、各種端末からの安全なアクセスにより、24時間年中無休でファイルにアクセスし、どこにいてもデータを顧客と共有できます。

 

外出先でファイルを見つける

必要な情報を即時に見つけることができます。WorkDriveの高度なキーワード検索により、データをすばやく見つけ、貴重な時間を新しい取引の成立に充てることができます。これにより、顧客からの問い合わせを解決するまでのターンアラウンドタイムを大幅に削減できます。

 

複数の形式で保存

WorkDriveは160種類を超えるファイル形式をサポートしているため、音声メモ、録音した音声、トレーニング動画、インターネットサービスドキュメント、契約書、同意書、請求書、その他の仕入先関連ドキュメントなど、さまざまな形式の通信データを保存、共有、プレビュー、操作できます。

社内コラボレーション

WorkDriveの一元化されたデータ管理により、現場で顧客と協力する従業員、支店に勤務する従業員、在宅勤務で業務を管理する従業員の文書作成プロセスが改善されます。

顧客と安全にファイルを共有する
完全な管理を維持する

社外とのコラボレーション

WorkDriveを使用すると、仕入先の請求書や顧客契約書などの大量ドキュメントを、安全なラベル付きリンクを介して共有できます。そのため、高いセキュリティと追跡可能性を伴う外部共有プロセスが保証されます。

高レベルのデータ保護

 

アクセスレベル

特定の社内ニーズや規制要件に基づいて複数のアクセスレベルを設定できます。細分化されたアクセス制御を使用し、カスタマーサービス担当の従業員に適切な役割を割り当てます。

 

カスタマイズされた監査レポート

WorkDriveのカスタマイズ可能なレポートを使用することで、機密性の高い顧客データと従業員の活動詳細を詳しく監査できます。生成された監査レコードは、エクスポートして継続的な追跡が可能なため、データ保持やプライバシー規制に準拠できます。

 

サービスとしての障害復旧

障害復旧は、単にデータをバックアップするだけでなく、事業継続を強化することも意味します。メインのデータセンターで障害が発生しても、WorkDriveはサブのデータセンターに頼ることができるので、中断が最小限に抑えられるか、まったくないまま、運用は円滑に継続されます。

通信プロバイダ向けの多目的データ管理ソリューション

無料登録