業務プロセスを改良したいチームに

Zoho WorkDriveによって一体となって連携し、業務プロセスを改善。他の部署と協力して、組織の効率的な運営を実現できます。

今すぐ登録

業務を一元化してプロセスを効率的に

Zoho WorkDriveによって、チーム内で協力して業務手順や方針を作成し、 施行することができます。チームフォルダーを 使用して他部署と緊密に協力すれば、 組織の円滑な運営が実現します。

チームに豊富なリソースを確保

組み立てラインのマニュアルを、詳細な画像やビデオ、 その他のリソースに置き換えて、チームに提供 できます。また、WorkDriveは、研修ガイドやベストプラクティスの ナレッジベースとしても機能します。

共に前進

スプレッドシートツールのZoho Sheetを使用して、 共有タスクリストによってチームの業務を調整し、サイクル時間を短縮できます。 製品のリコール、休暇申請、組み立てラインの スケジュールも追跡できます。

安全に関する問題をかんたんに追跡

ワードプロセッサーのZoho Writerを使用して、職場の事故を 記録できます。また、ガイドラインを用意して全員と共有することで、 職場の安全を向上し、法令コンプライアンスを 達成できます。

発注書の処理を迅速化

上司がファイルを開いたかどうかを気にしながら、 発注書の承認を待ちわびる必要はありません。Zohoのアクセス統計を使用すれば、 ファイルを誰がいつ表示したかを追跡して、 上司に催促する最適なタイミングを 判断できます。

常に整理して効率的に

プロジェクトや機能に基づいてファイルを 分類すれば、チーム全員が必要なファイルを かんたんに見つけることができます。また、Zohoのフォルダー中心の表示で、 必要なものがすぐに見つかります。

通知の山に埋もれない

業務部では、膨大な通知やアラートが未読のまま放置されがちです。 そのため、Zohoは細心の注意を払って通知やアラートをさらに追加しないようにしました。WorkDriveのグローバル通知と未読通知により、 業務を中断させずにチームの連携を維持できます。

パートナーとして連携

サプライヤーとの原材料仕様の共有も、サプライチェーン 下流のメンバーとの請求書の共有も、これまで以上にかんたんになりました。パスワードや 有効期間を設定することで、アクセス権を管理したまま 書類のリンクを共有できます。さらに、リンクを個別にカスタマイズしたり、 追跡したりできます。

自分の責任範囲をどこからでも監督

業務効率は組織の成功にとって重要ですが、 仕事のために自分の時間を犠牲にすべきではありません。社外にいるときは、 iOS/Android版のZoho WorkDriveアプリを使用すれば、業務運営を監督し、 注意を要する状況に対処できます。

全員が同じ方向を向いて業務に従事

今すぐ登録