医学研究室のための包括的なデータ管理システム

無料登録
研究室のバナー
  •  
  •  
  •  

カルテ、支払請求書、検査結果、研究室情報を入力と同時にデジタル化。レポートの作成から保存、配布まで、WorkDriveなら研究室のファイル管理プロセスを自動化できます。

カルテのデジタル化

情報の垣根を取り払う

同僚との共有スペースを作成し、研究室の記録を共通の画面で確認できます。チームフォルダーにスタッフ全員を招集して、同期作業も行えます。

一貫したファイル構成を実現

患者レポート、研究、検査に関する処理データの保存や分類が、研究室での課題となることが多々あります。研究室の未整理のファイルを、その特性に基づき分類できます。レポートを整理し、結果をスキャンして、各患者のドキュメントをフォルダーやサブフォルダーに分類できます。

情報の垣根を取り払う

症例管理の改善

共有オプションも手間いらず

検査結果を医師と即座に共有。速やかに所見を追加し、これまで以上にかんたんに最終レポートを作成できます。WorkDriveなら、ファイルに文脈コメントを付け加えることができますので、いつでもどこからでも、医師や助手が情報を追加できます。

 

アクセス制御

安全な共有オプションを使用して、誰が何にアクセスできるかを制御できます。プライバシーと機密保持に関する規則に従い、医師、研究者、助手に役割ベースのアクセス許可を設定しましょう。関係する医療提供者や技術者とも、きめ細かなアクセスレベルで、患者情報や検査結果を共有できます。

 

検査所要時間の短縮

スキャン結果、画像、PDFなどをレポートにかんたんに添付し、WorkDriveの安全な外部共有オプションを使用して、すぐに患者に送信できます。患者はこれらのファイルを、オンラインや携帯電話から直接確認できます。

検査所要時間の短縮

データの検索もワンクリック

適切なレポートを適切なタイミングで検索。医師による迅速な診断をサポートします。ファイル名はもちろん、コンテンツキーワードでも、CTスキャンや血液検査などの検査結果を検索できます。

 

研究を活性化

部門間でのコラボレーションやその他大学病院など外部とのコラボレーションにより、研究を加速できます。データ分析、検査結果、論文要旨、治療法などを共有し、リアルタイムで同僚とブレインストーミングできます。学際的研究を推進する効果的な研究室を確立しましょう。

 

レビューと承認

レビューと最終レポートの管理は、研究室にとって重要なプロセスです。ドキュメントの作成に要する時間を大幅に短縮。患者レポートを医療提供者に送信し、速やかに所見を取得できます。

レビューと承認

乱雑な研究室とはお別れ

不要なドキュメントや古い患者情報が蓄積することはもうありません。ごみ箱のデータは、あらかじめ設定された保持期間を過ぎると、システムから自動的に削除されます。保持スケジュールを設定し、不要なファイルを破棄することで、研究室の乱雑さを軽減できます。

 

カルテを保護

患者に関するファイルやフォルダーへの変更を監視し、リアルタイムで通知を受け取れるため、ドキュメントの変更を常に把握できます。機密レポートのダウンロードを制限し、患者のプライバシーを保護できます。

 

安全性を最優先

毎日大量の機密データを処理する医学研究室では、こうしたデータを保護する必要があります。WorkDriveはISO 27001とSOC 2規格に準拠しているため、物理レベルでも、論理レベル、データレベルでもデータの安全性が確保されます。

医学研究室のための安全なファイル管理システム

プラン比較