バックオフィス業務を合理化し収益の最大化を目指す

無料お試し登録
著者   

業務のデジタル化により、さまざまな製造プロセスの合理化と簡素化が促進します。Zoho WorkDriveを使用することで、あらゆる規模のメーカーが、一元管理されたリポジトリーを構築し、運用コストを削減しながら、情報の整合性を高めることができます。

配信チャネルを組み合わせる

ファイル整理

Zoho WorkDrive(ISO 27001、SOC-2準拠)により、すべてのリソースを効率的に作成、整理、管理できます。お使いのシステムから冗長性をなくし、古い情報を削除します。

コスト削減

オフィスの書類保管スペースを解放し、より生産的な用途に使用できます。高品質のマニュアルやSOPから契約書や注文書まで、Zoho WorkDriveを使用し、すべてのファイルを最も費用対効果の高い方法で管理できます。1 TBのチームストレージから利用を開始し、チームの成長に合わせて拡張できます。

 

ドキュメント整理

チームフォルダー内のフォルダーやサブフォルダーのドキュメントを整理できます。ファイル名、場所、またはファイルの種類により、ドキュメントを検索できます。

 

エラーの可能性を排除

古いSOPを使用した製造ラインは、障害につながる可能性があります。承認済みのSOPをチームフォルダーに追加し、情報の不一致を回避します。これにより、誰でもかんたんにファイルを利用できるようになります。ドキュメントに対する変更は即座に反映され、データエラーを排除します。

部門間のシナジー向上

WorkDriveは、さまざまな部門の従業員がリアルタイムデータにアクセスして作業できるプラットフォームを提供します。チームは、コンセプトから製造まで各段階で互いに関与し、より効率的に製品を製造できます。

 

情報の流れを促進

設計ファイルや手順書、その他の技術ドキュメント用にプライベートなチームフォルダーを作成し、限られたユーザーと共有できます。人事ポリシーや安全マニュアルなどの公開ドキュメントは、公開チームフォルダーに追加するだけで、組織内の誰でもアクセスできるようになります。

 

きめ細かなアクセスレベル設定

製造チームに、必要なリソースをスムーズに提供しましょう。WorkDriveを使用することで、メインフォルダーへのアクセス権を与えずに、製造チームが設計ファイルにアクセスできるようになります。

 

外部利害関係者との協業

ファイルの管理権限を保持しながら、外部のベンダーやサプライヤー、パートナーとコラボレーションできます。パスワードで保護されたドキュメントを共有することで、重要なリソースへのアクセスを制限します。

チームファイルの監視・規制

管理者は、1つのダッシュボードからすべてのファイルとストレージ情報の概要を取得できます。実行されたアクションから削除されたドキュメントまで、組織内のすべてのアクティビティの記録を管理できます。

活動レポートと監査証跡の管理 

チームの各メンバーが実行した活動に関する詳細なレポートを生成できます。チームレベルとチームフォルダーレベルで、ファイルのアップロード、編集、ダウンロード、プレビューの回数を表示できます。

外部共有の制御 

発表前の設計情報が漏洩することで、組織に損害を与える可能性があります。WorkDriveを使用し、従業員によるチーム外とのファイル共有を許可するかを定義できます。チームレベルと組織レベルの両方で、制限を設定できます。

Zoho WorkDriveにより、コストを削減し、効率を高めることができます。

プラン別機能一覧