企業の法務部向けのチームコラボレーション

Zoho WorkDriveによって、他部署や世界中の機関と緊密に連携し、法令コンプライアンスを徹底。ファイルを保護して、訴訟に備えることができます。

今すぐ登録

ビデオを見る

協力してリスクを低減

「3人寄れば文殊の知恵」と言うように、法律問題では1人よりもみんなで考えたほうがよい知恵を得られます。専門家を チームフォルダーに集めて、複雑な問題に革新的な解決法を 生み出しましょう。

部署の垣根を取り払う

法務チームはもはや社内の弁護士事務所ではなく、事業にとって 極めて重要な存在として、他のチームと密接に協力しています。ユーザーの 役割を設定して、サブフォルダーレベルでの共有によって チームフォルダー内のファイルへの担当者のアクセス権を 高く設定することで、チームのファイルの管理を維持できます。

常に最新状況を把握

グローバル通知と未読通知により、チームで対応している 個々の問題の最新状況を把握できます。これにより、チームの誰かが不在中に 問題が発生しても危機を回避 できます。

異なるファイル形式を表示

アプリケーション固有のファイルを変換すると、メタデータが書き換えられ、 意図せずに証拠を改ざんしてしまうことがあります。Zohoでは160種類以上のファイル形式を元の形式でプレビューでき、 ファイル形式の変換やソフトウェアのダウンロードは 不要です。

既存の解決法を活用

問題に新しい解決法が必要とは限りません。 その多くは、既存の解決法を新しい状況に合わせて調整すれば対応できます。Zohoの汎用検索を使用すれば、 優れたアイデアを見逃すことはありません。キーワード検索で、 チームメンバーがこれまでに作成またはアップロードしたファイルが見つかります。

世界中の機関と連携

組織のグローバル化が進むと、世界中の規制機関の定める基準に 対応する必要が生じます。Zohoの高度な外部共有機能を使用すれば、 いつでも組織外の人とファイルを共有してそれらのファイルを追跡し、 必要なときにいつでもアクセス権を取り消すことが できます。

組織内をモニタリングしてコンプライアンスを徹底

組織内の全員のファイル操作を記録して、 法令の順守を維持できます。また、ファイルの旧版にアクセスして、 個々の変更が行われた日時を確認できます。

Zohoはファイルのセキュリティを重視

法務チームにとって、ファイルのセキュリティはこれまで以上に重要になっています。Zoho WorkDriveは、 SOC 2 Type II、ISO 27001などの業界固有のコンプライアンス規格に適合しており、 GDPRやEU-米国間のプライバシーシールドフレームワークに 準拠しています。

  • 障害からの復旧

    Zohoのサーバーは分散グリッドアーキテクチャ上で運営されています。サーバーに 障害が発生した場合には、ファイルのコピーが代替サーバーに バックアップされるため、ユーザーは遅延に気付くことなく 使用できます。

  • 侵入防止

    ファイルを保存する前に、強力な侵入検知/侵入防止システム(IDS/IPS)により マルウェアの有無を検査します。 また、Zohoのサーバーは強力なファイアウォールによりDDoS攻撃から 保護されています。

  • 2要素認証

    昨今のセキュリティは、1つのパスワードによる保護に留まりません。 Zoho WorkDriveのアカウントは2要素認証(TFA)で保護できます。

  • 送受信時と保存時の暗号化

    ファイルの保存時に、256ビット高度暗号化標準 (AES)で暗号化します。送受信時には、Secure Socket Layer(SSL)、Transport Layer Security(TLS)、Perfect Forward Secrecy(PFS)で暗号化します。

常にチームの装備を万端に

どのファイルも、訴訟の勝敗を左右する可能性があります。離職するチームメンバーの個人フォルダー内にある 法務ファイルの所有権を移転できるため、 ファイルの紛失が原因で組織が莫大な金額を支払うような事態を回避できます。

チームで協力して事業を安全に保護

今すぐ登録