医療向けコンプライアンス主導型ファイル管理システム

Zoho WorkDriveで業務効率の向上を目指しましょう。

無料お試しに今すぐ登録しましょう

ビデオを見る

オーサー

情報の制御により、患者に十分配慮した対応を実現。WorkDriveですべてのファイルを管理すれば、認定を維持しながらコストも抑えられます。

配信チャネルを組み合わせる

患者中心のシステムを構築

部門を横断して患者情報の一貫性を維持することで、医療提供機関による高品質なサービス提供を支援します。WorkDriveではすべての患者記録を対象に単独のアーカイブが作成されるため、重要な詳細情報が閲覧しやすくなります。

データの流れを効率化

患者に関する複数部門のレポートをチームフォルダー内にまとめ、チーム間で効率的に連携できます。病歴、保険の詳細情報、レポートのスキャンデータ、発行済の処方箋などを集約することで、退院概要のドラフトを迅速に作成できます。

 

待ち時間を短縮

もう、患者を待たせる必要はありません。レポート、請求書、処方箋をスキャンしてすぐに患者と共有できます。また、重要なレポートを関連するドクターに送信することもできるので、ドクターは詳細な情報を得た状態での診断が可能になります。

 

適切なチームによる適切なアクセス

WorkDriveは役割ベースのアクセス機能を備えており、文書の完全な安全性を確保しデータの誤用を防ぎます。財務チームは付与されたアクセス権で保険の詳細情報や処方箋の請求書など必要なデータを確認できますが、病歴は共有されません。

どこからでも治療可能

どこからでも治療可能

医療のプロフェッショナルたちは、世界のどこにいても重要な患者記録にアクセスして意見を共有できます。スマートフォン対応のWorkDriveアプリがあれば、外出先でもレポートの確認や電子処方箋の共有が可能です。

患者のプライバシーを維持

医療業界では機密性が求められる膨大な個人データを取り扱います。WorkDriveはISO 27001とSOC - 2規格に準拠しており、物理とデジタルの両面でデータの安全性を確保します。

監査機能と災害復旧機能の強化

リポジトリー内のファイルとフォルダをすべて制御できます。ログを通じてレポートに対するあらゆる不正なアクセスや編集を特定したり、すべての操作を入念に監視することが可能です。また、万が一の場合に備えて、患者情報が誤って削除されてもその情報を復旧できます。

デジタル医療空間のためのセキュアな文書管理

プラン別機能一覧