Zoho WorkDriveが
Zoho Projectsに搭載

無料登録
プロジェクト連携Workdriveプロジェクト連携
Zoho WorkDriveがZoho Projectsに搭載

Zohoの統合ファイル管理システムが、Zoho Projectsでアクセス可能

これからは複数のアプリケーションに翻弄されることはありません。Zoho WorkDriveのZoho Projects連携により、チームが1つの場所で、作業とドキュメントを管理できるようになりました。

無料登録

すべてのプロジェクトでドキュメントリポジトリーを一元化

各メンバーと添付ファイルのやり取りに苦労したり、同じドキュメントのコピーを何枚も用意したりする必要はありません。チームフォルダーを使うと、共有スペースでファイルを保管、管理できます。

チームをもっと近くに

すべてのプロジェクトにチームフォルダーを作成して、協力できる共有スペースを提供します。チームフォルダー内に、タスク、課題、フィードにリンクしたドキュメントを効率的に整理して、かんたんにアクセスできるようにします。

シームレスなユーザーの同期

WorkDriveはユーザーの情報を同期して、役割と権限セットをZoho Projects内で継承し、チームメンバーが必要な情報に適切にアクセスできるようにします。

境界を越えたコラボレーション

顧客と連絡を取り合うことは、すべてのプロジェクトにおいて重要な要素です。WorkDriveは「顧客ユーザー」を導入し、顧客との安全なコラボレーションを促進して、プロジェクト全体を通じて情報を共有します。

標準の生産性向上ツール

WorkDriveには、Zoho Writer、Zoho Sheet、Zoho Showの、標準オフィススイートが採用されています。これにより、チームがZoho Projectsからプロジェクトをかんたんに作成、コラボレーション、レビューできます。

進化したファイルの共有

WorkDriveでは詳細レベルでの権限管理が設定でき、タスクレベル、フィードレベル、課題レベルでのファイル共有が可能です。Zoho Projects内のそれぞれのタブに関連したドキュメントは、自動的にその参加メンバーが利用可能になります。

最も効率的なデータ管理

すべてのプロジェクト添付資料をかんたんに管理できます。同じファイルを異なるタスクや課題に関連付け、同じドキュメントのコピーを複製するのを防ぎます。

無制限のファイルのバージョン管理

WorkDriveで、チームがすべてのProjectsから、同じドキュメントの変更をこまめに確認して複数のバージョンを管理できます。過去の作業をプリビューし、修正内容を比較して、必要であれば前バージョンに戻すことが可能です。

プロジェクト管理向けの、安全に一元化されたファイルのリポジトリー

WorkDriveの無料版を試す