整理整頓しても、生産性はそのまま

仕事が増えるということは、ファイルが増え、そのファイルで作業するメンバーが増えるということです。散らかっていない作業机よりもアピールするものは何でしょうか?Zoho WorkDriveでは、チームのファイルや作業項目を入れ子になったフォルダーに整理できます。

ストレージを整理整頓

ファイルをチーム、プロジェクト、ファイルタイプ、作成者別に分類して、必要な情報をすばやく見つけることができます。

File organization
 

複数レベルのフォルダー

フォルダー構造をさらに細かくする必要がありますか?フォルダー内にサブフォルダーを作成して、散らからないようにしましょう。 

 

クイック検索

探している情報を一瞬で手に入れられます。検索バーを使用し、名前、キーワード、または作成者名でファイルを探します。

 作業をすっきり表示

チームとチームの作業を整理されたセクションで表示できます。自分に合ったビューを使用できます。リストビューまたはサムネイルビューを選択して、チームフォルダー内のファイルやフォルダーを表示します。

 

フォルダーの先頭表示

詳細にこだわりすぎると整理するのは難しくなります。フォルダーを最初に表示してから、保管してあるファイルのリストを表示します。

 

徹底的な整理

フォルダー表示だけでなく、フォルダーと未読に分類することで、ファイルを各チームフォルダー内でかんたんに見つけることができます。

状況認識型のツール

ツールを探してばかりでは、作業に集中できません。状況に応じたUIで、必要なときにはすぐに、探しているツールを見つけられます。1クリックするだけで、ファイルやフォルダーを移動、コピー、圧縮/圧縮解除、お気に入りにすることができます。

context-aware-tools