セキュリティに関して

最高レベルの強固な暗号化技術で情報を保護しています

最も強力な暗号化と堅牢なセキュリティ

すべてのパスワードとその他の機密データは、米国政府の認可を受けた最も強力な暗号化規格AES-256で暗号化されています。Zoho Vault への最初のログイン時に入力したパスフレーズは、暗号化キーとして使用され、どこにも保存されず、ユーザーの記憶にしか残りません。

オンラインでの情報保護を徹底

安全なパスワードほど、複雑で覚えにくいものです。さまざまなサイトで同じパスワードを設定するのは、セキュリティ上の脅威となります。同じパスワードを使いまわしていると、1つのサイトでパスワード情報がもれると、他のサイトやサービスにもハッカーが侵入しやすくなります。効果的なパスワード保護には、すべてのオンラインアカウントに強力でユニークなパスワードを割り当てることが不可欠です。Zoho Vault はセキュリティ強度の高いパスワードをワンクリックで生成でき、パスワードを覚えておく必要もありません。

監査証跡

機密情報の削除、編集、および変更など、ユーザーによる操作の履歴を記録し監査できます。「誰が」操作を実行したか、「何の操作であったか」、「いつ実行されたか」などの詳細を確認できます。

「誰が」「どのような」パスワードにアクセスしたかを可視化

Zoho Vault のレポート機能により「誰が」「何」の機密情報にアクセスし、誰が「どの機密情報」にアクセスできるのかが一目で分かります。すべてのユーザー、またはユーザーを指定してレポートを作成できます。同様に、機密情報にアクセスしているユーザーを特定するには、すべての機密情報のリストに対するアクセスの履歴を確認する、または特定の機密情報を選択して詳細を表示するなど、様々なレポートを作成できます。

パスワードイベントに関する通知

パスワードに対する操作が行われた際に、通知を受け取る設定ができます。誰かが共有パスワードにアクセスしたり、パスワードをリセットしたり、内容を変更/削除すると、通知を受け取れます。

パスワードの変更通知

パスワードの有効期限を設定し、有効期限が切れるとパスワードを変更するようにユーザーに警告することができます。

ユーザーの使用機能を管理

企業全体で特定機能の利用を許可、または制限したり、特定のユーザーのみを対象に機能へのアクセスを許可したりできます。個人パスワードの保存、機密情報のエクスポート、オフラインおよびスマホアプリへのアクセスの許可なども設定できます。スーパー管理者または管理者ユーザーが管理権限を持ち、設定内容の監査もできます。

定期的なデータバックアップで災害対策

災害時や緊急時のために、パスワードを定期的にバックアップできます。

パスワード入力時の盗み見対策

情報セキュリティにおいては、物理的な対策も重要で、パスワード入力時の盗み見対策は必須です。Zoho Vaultは、パスワードをマスクした状態で表示します。ユーザーがパスワード表示ボタンでパスワードを表示しても、プレーンテキストで表示されるのは10秒間だけで、その後再びマスクされます

自動ログアウト

Zoho Vaultでは、時間を設定して、設定時間が経過した後に、セッションからユーザーを自動的にログアウトさせることができます。