パスワードを安全に共有

チームメンバーにパスワードを共有し、「誰が」「どのような」パスワードに「いつ」アクセスしたかを追跡できます。

パスワードを社員に安全に共有しましょう

組織やグループ内で共通的に利用するパスワードを、権限レベルを分けてユーザーに共有できます。社外のビジネスパートナーに利用を許可することも、ワンクリックで即時に利用を取り消すこともできます。

チャンバーをユーザーやユーザーグループと共有

シークレット情報(サービスのURLやパスワード情報等)をチャンバーフォルダーにまとめ、共有しやすくしましょう。たとえば、マーケティングメンバー用のチャンバーや、経理チームのチャンバーなどを作成しておけば、ワンクリックでそれぞれのメンバーにシークレット情報を共有できます。グループに追加されたメンバーは、自動的にチャンバーにアクセスでき、それぞれの業務に必要なWebサイトやサービスにアクセスできます。

リクエスト/リリースの仕組みでより厳格な共有を

パスワードのリクエスト/リリース機能により、さらにセキュアなパスワード共有の仕組みをつくれます。ユーザーはシークレット情報の利用に際して、リクエストを要求し、承認を受けてからパスワードの利用が可能となります。