パスワードをコントロールしよう

パスワードの所有権とアクセス権を厳密に管理し、すべてのパスワードを管理下におきましょう。

アカウントの所有権を設定

誰がどのパスワードを所有しているかを明確にし、機密性の高い情報へのアクセスを厳密に管理しましょう。新たなパスワードを登録した時点では、パスワードを追加した人だけがアクセスでき、必要に応じて権限を付与します。

削除されたユーザーの所有権を移転

退職や部署異動の際は、その人が Zoho Vault で所有しているシークレット(アクセスURLやパスワード情報等)を管理者に移管できます。同様に、管理者がすべてのシークレット情報を Zoho Vault のユーザーに所有者として一括設定したり、ユーザー権限として設定したりできます。

免職したユーザーからシークレット情報を剥奪

従業員が企業とのトラブルで去った場合、スーパー管理者はそのユーザーが所有するシークレット情報を剥奪できます。ユーザーはアクセス権を失い、スーパー管理者はシークレット情報を完全に掌握できます。

管理権限レベル

Zoho Vault では、3つの権限をユーザーに割り当てられます。スーパー管理者は Zoho Vault の全権限を保有し、ユーザーの招待ができます。管理者はシークレット情報を共有したり、パスワードポリシーを作成したりできます。

Active Directory / LDAP連携

WindowsのActive Directory や LDAP からユーザーとユーザーグループをインポートできます。