データの安全性とプライバシー保護

Zoho Vaultは、「ホストプルーフホスティング技術」を採用しています。セキュリティ保護された実証済みのメカニズムであり、セキュリティ専門家による広範なテストを経て広く採用されているものです。「ホストプルーフホスティング」は、「ホスト機密データを暗号化した形式で保存する」という基本に忠実したシステムで、絶対に送信されないパスフレーズを、ユーザーがサーバーに入力することでしか、データにアクセスして操作することができない仕組みです。サーバーは、ブラウザが暗号化したデータを取得するのみに限定されており、機密情報にそもままアクセスすることはありません。すべての暗号化と復号化は、ブラウザの内部で行われます。

Zoho Vaultに保管される機密情報は、文字通り機密となります。ユーザーだけにしかデータは解読されません。 Zoho Vaultは、機密情報を保存するためのホストプルーフホスティング技術を使用しています。すべてのデータはブラウザで暗号化され(AES-256)、Zoho(Zoho Vaultサービスのホスト元)は暗号化されたデータだけを保存しています。Zoho Vaultにアクセスするために入力する「パスフレーズ」は、ブラウザでデータを暗号化および復号化するためのキーとして使用されます。パスフレーズはZoho Vaultのどこにも保存されていないため、Zohoでもデータにアクセスできません。

安全な接続

上記のように、常に暗号化されたデータ(AES-256ビット)のみが、インターネットで送信されます。
さらに、接続はSSLを介して行われます。

脆弱性テスト済み