質問形式

質問内容だけでなく、どのように質問するかも重要です。複数選択式などの選択回答形式の質問を行うと回答の分析が容易かつ正確になりますが、記述式のような自由回答形式の質問を行うことで、より多くの情報を収集できます。大部分のトピックでは、両方の質問形式を混在させることが重要です。Zoho Surveyでは、用意されている幅広い質問形式から選んで質問できます。

複数選択(ラジオボタン)

複数の回答が考えられる質問を行い、ラジオボタンを使用して選択肢を1つ選択してもらいます。

複数選択(チェックボックス)

複数の回答が考えられる質問を行い、チェックボックスを使用して選択肢を1つまたは複数選択してもらいます。

ドロップダウン

ドロップダウンメニューから回答を選択してもらいます。

画像タイプ

回答の選択肢として画像を表示し、回答者に画像を選択してもらいます。

評価スケール

0~10のスケールやその他の範囲で評価してもらいます。

星評価

星の最大数が3~10個の範囲で、満足度を評価してもらいます。

NPS

ネットプロモータースコア(NPS)の質問を使用して、顧客が製品やサービスを他の人にどれくらい勧めたいかを固定スケール(0~10)で測定します。

スライダースケール

0~100の範囲のスライダーを表示して選択してもらいます。

ランク付け

選択肢のリストを表示し、回答者の好む順序でランク付けしてもらいます。

マトリックス選択(ラジオボタン)

回答者または質問対象に関する複数の要因を同一スケールで評価する選択肢をアンケート回答者に提示します。要因ごとにラジオボタンを1つ選択できます。

マトリックス選択(チェックボックス)

回答者または質問対象に関する複数の要因を同一スケールで評価する選択肢をアンケート回答者に提示します。要因ごとにチェックボックスを1つまたは複数選択できます。

マトリックス評価スケール

同一スケールで評価できる複数の質問をまとめることで、アンケートが簡潔になります。

マトリックスの星評価

同一スケールで星評価を行う複数の質問をまとめることができます。

マトリックスドロップダウン

複数のドロップダウン型質問をまとめることができます。

単一行

回答が1、2文で終わる場合はこれを使用します。

複数行

回答者に簡潔な説明や意見を求める場合、この質問形式を使用すると、テキストを記述するスペースが増えます。

数値

単一行で数値でのみ回答できます。その他すべての文字は無効として処理されます。

メールアドレス

メールアドレス形式の回答のみ受け付けます。

氏名

回答者の姓と名を入力する2つのフィールドが自動生成されます。

連絡先情報

氏名、年齢、住所など回答者に関する情報を識別するために一連の質問を行います。

Calendar

誕生日を尋ねる場合など、日付形式の質問が必要な場合にこの質問形式を使用します。

署名

回答者のデジタル署名を取得する場合に使用します。

ファイルのアップロード

回答者はアンケートにファイルをアップロードまたは添付できます。

テキストフィールド(見出し/説明)

アンケートの目的を説明したり、質問で求める情報を明確に説明する見出しや説明を追加することができます。