ソーシャルマーケティングの成果を、営業につなぎ、売上につなげる

SNSでリードを発掘し、CRMの商談につなげましょう。CRMの見込み客や連絡先情報にSNSのデータを追加すれば、営業活動を情報面で支援し、受注確度と受注スピードを向上させます。

Zoho CRM のソーシャルタブをすでに利用している場合

ほんの数クリックでZoho CRM ですでに利用しているSNSアカウントとページを、Zoho Social につなげることができます。Zoho CRM 上でのSNSデータを Zoho Social に引き継いで、すぐに運用をスタートできます。

リード創出のあたらしい方法

投稿にいいね!や、コメントした人、メッセージでやりとりした人を、新規顧客としてCRMに登録しましょう。

Twitterのタイムライン、お気に入り、キーワード、フォロワー、Facebookのいいね!、投稿、メッセージ、Google+のキーワードなど、ソーシャルメディア上には潜在顧客があふれています。

新規リードの自動登録

SNSの各アクション(イイね!、メンション、リツイート、コメントなど)をリードクオリフィケーションの条件(ルール)として設定できます。あらかじめ設定した条件をSNSごとに指定し、イイね!、共有、リツイート、メンションなどのアクションに基づき、自動的にCRMの見込み客や連絡先として新規登録できます。

コメントやメッセージ内に記載されている特定のキーワードを条件に指定することもできます。

ソーシャルネットワークでのつながりが、CRMにつながる

Zoho Socialでは、ソーシャルネットワーク上で自社ブランドに興味やアクションを示した人を「Connection(知り合い)」として管理しています。「Connection(知り合い)」は、CRMの見込み客や連絡先として登録することができます。この連携により、CRMで管理しているデータに基づいて、「Connection(知り合い)をフィルターすることができます。CRMで管理している詳細情報や、商談情報を表示したり、追加情報をメモとして残すこともできます。

営業担当に活きた情報を

SNSで新しい見込み客を見つけたら、Zoho Social からCRMの営業担当者にチャットで伝えることができます。SNSで得た最新情報を伝え、お客様との関係構築や商談獲得を情報面でサポートできます。

見込み客と商談中顧客の声をモニタリング

モニタリング機能でメインストリームをチェックしながらも、見込み客や現在商談中の顧客による投稿も、常にチェックしておきましょう。自社ブランドや関連するビジネスに対して、何かしらの投稿をしてないか。リアルタイムで最新情報をチェックしましょう。

つながり。だけでなく、売上にもフォーカス

つながり度合いだけを分析する他のSNSマーケティングツールとは異なり、Zoho CRM と Zoho Social との連携は、中長期で顕在化する見込み客、商談、売上のをすべて追跡できます。

どのSNSが見込み客発掘に効果的で売上に貢献しているのかを分析し、SNS戦略の次の一手を効果的に策定できます。

モバイルからも見込み客を生成

移動中でも、自社ブランドへのメンション、メッセージ、キーワード検索から新しい見込み客と連絡先を作成できます。「つながり」のCRMステータスを把握しながら、その人たちとやり取りを行えます。 iOSとAndroid用のZoho Socialアプリで利用できます。