ShowTime

iOS用とAndroid用

講師はShowTime Presenterアプリを使い、受講者とのデジタル接続を確立できます。受講者はShowTime Viewerアプリを使い、モバイル端末から講義セッションに接続し、どこからでも講師とやり取りできます。

双方向的なセッションを構築するツールを講師に提供:

授業形式のトレーニングでは、受講者との1対1のやり取りが必要です。演壇やノートパソコンの前に縛られる必要はありません。Presenterアプリによって、教室全体を活用し、全員の注意を引き付けましょう。

  • プロジェクターは必要ありません。受講者のモバイル端末にコンテンツを直接ストリーム送信できます。
  • 価値があると思ったスライドに「いいね」を押したり、質問をスマートフォンで送るように受講者に呼びかけて、セッションへの受講者の集中力を維持します。
  • 質問を集めて優先順位を付け、画面に表示して双方向的に講義を進めます。
  • 講義会場で測定指標を活用して、どの程度受講生の集中力を維持できているかを把握します。
  • セッション終了時にすみやかにフィードバックとレート評価を受け取れます。
こちらのQRコードをスキャンしてダウンロード
 

学習環境を強化して、成長を実現:

実際の教室であれ、バーチャルクラスルームであれ、受講者のためにエンゲージメントを構築できます。Viewerアプリがあれば、受講者がどこにいるかにかかわらず、セッションを直接受信できます。

  • 講師の画面をリアルタイムで共有できます。受講者がライブセッションに接続すると、進行に合わせて画面が変わります。
  • 受講者はさきほど表示されたスライドをセッション中に振り返ってメモを取ることができ、遅れて参加した場合にも迅速に追いつくことができます。
  • アプリに組み込まれたチャット機能を受講者に紹介して、セッション中にコラボレーションやコミュニケーションを図ることができます。
  • リモートでも教室でも、受講者はセッションの終了を待たずにモバイル端末からすぐに質問を送れます。
  • 率直な意見を聞くには、フィードバックとレート評価を受講者に紹介してセッション終了時に送信してもらいます。
  • 講師から送るお礼メッセージのカスタマイズや、連絡先情報の共有、セッション後のやり取りへの招待ができます。
こちらのQRコードをスキャンしてダウンロード