データの整形

Zoho Showにはカスタマイズ可能な図形が数多く揃っており、関係者を引き付ける美しいデザインのスライドデッキを作成できます。図形を使うと、革新的なフローチャート、インフォグラフィックス、ロードマップ、テーマを完成できます。

shapesyourdata

スマート要素によるデータの強化

正確な情報でも多すぎると、お客さまが負担に感じることもあります。スマート要素を使うと、説得力のあるファクトシート、KPI、売上を作成できます。

ニーズに応じて図形編集

編集ポイントにより、正方形、三角形、円などの基本図形を変形します。カスタムのベクター形式を使うと、グラフィックデザイナーの助けがなくても、アイデアをうまく表現するプレゼンテーションを作成できます。

詳細はこちら(英語)
shapetofit

ペンによる描画

プリセットの図形がコンテンツに合わない場合には、ペンで独自の図形を描画できます。スクリブルを使って、手書きの要領で曲線を描きます。またはフリーフォームを使って、直線と曲線を描きます。紙に描くようにかんたんにできます。

詳細はこちら(英語)

図形の仕上げ

色、画像、影、リフレクション、アニメーションを追加して図形の体裁を整えると、データをさらに引き立て、見込み客にアピールできます。オブジェクトをグループ化して一緒に編集するか、グループの各要素を個別に編集します。

詳細はこちら(英語)
jazzupshapes

連続描画

これまで以上にかんたんにフローチャートを作成できます。連続描画モードを使うと、手作業で図形をコピーする労力が大きく軽減されます。中断なく、図形を何度でも、どのサイズにも描画できます。

詳細はこちら(英語)

シルエットによるストーリー作成

Zoho Showのシルエットを使うと、コンテンツにストーリーを構築できます。ビジネスシルエットを使って関心を引き付けるスライドを作成して、営業サイクルの各段階を紹介します。または、感情シルエットを使って、お客さまを満足させる方法を示します。

詳細はこちら(英語)