外出先でいつでもプレゼンテーション

いつも移動中ですか?だったら、スライドも忘れずに。

Appstoreからダウンロード

プレゼンテーションを指先で

どこへ行くときも、iOS用Zoho Showアプリでスライドを持ち歩きましょう。クラウドからスライドをインポートすることも、ZohoアカウントにログインしてWebで作成したプレゼンテーションや共有されているプレゼンテーションにアクセスすることも可能です。プレゼンテーションをiPhoneで実行することも、Apple TVに接続してより多くの聴衆に向けて実行することもできます。

通知をすぐに受け取って最新情報を常に把握

プレゼンテーションのアップデートを見逃さないでください。プレゼンテーションの修正時、共有の開始時、アクセス権の変更時に通知を受け取りましょう。

通知をすぐに受け取って最新情報を常に把握

プレゼンテーションのアップデートを見逃さないでください。プレゼンテーションの修正時、共有の開始時、アクセス権の変更時に通知を受け取りましょう。

3D Touchでアクセスを加速

Zoho Showは3D Touchを採用してiOSの操作感を取り入れています。3D Touchを使って、最近のプレゼンテーションに素早くアクセス、プレゼンテーションの属性を確認、リーディングペインでアニメーションをプレビュー。

プレゼンテーションをiPhoneやiPadで実行

機会を逃してはいけません。スライドショーをiPhoneやiPadで直接実行。Apple Pencilでハイライトツールを使って重要な情報の強調や指摘ができます。

プレゼンテーションの保護

ShowアプリでTouch IDとFace IDが有効になっていると、プレゼンテーションは常に安全で、保護されます。

プレゼンテーションの保護

ShowアプリでTouch IDとFace IDが有効になっていると、プレゼンテーションは常に安全で、保護されます。

Apple TVを使ってプレゼンテーション

プレゼンテーションを、より大きな画面で実行したいときには、iPhoneやiPadをApple TVに接続します。スライドを手元のデバイスから操作することも、Zoho Showのハイライトツールで要点を強調して聴衆にリアルタイムで示すこともできます。

Apple Watchで使うZoho Show

Zoho Showアプリでは、Apple Watchを使ったセッションの操作が可能です。スライド間の移動や、Force Touchを利用した画面の暗転やセッションの終了が可能です。

Apple Watchで使うZoho Show

Zoho Showでは、Apple Watchを使ったセッションの操作が可能です。スライド間の移動や、Force Touchを利用した画面の暗転やセッションの終了が可能です。