インフォグラフィックを活用して想像を形に

情報豊富なインフォグラフィックを使用して、情報やトピックの概要を提示できます。この例では、ソーシャルメディアがどのようにコンテンツマーケティングを改善できるか強調しています。

アカウントに保存する

階層的なインフォグラフィックは、それぞれのデータ点におけるサイズの比較に役立ちます。この例では、コンテンツマーケティングドメインでの範囲と機会について詳しく調査しています。

アカウントに保存する

統計インフォグラフィックを使用して、議論の根拠を示したり、複数のソースからデータを提示したりできます。この統計インフォグラフィックでは、実際にProduct Alphaの業績評価指標を比較しています。

アカウントに保存する

履歴書を提示する場合は、特に第一印象が重要です。創造的で最新のデザインを活用し、最適な第一印象を創り上げましょう。

アカウントに保存する

具体的なスキルや強みを示すためにデザインされたインフォグラフィックを使用して、シンプルかつ分かりやすい履歴書を作成できます。

アカウントに保存する

データは多種多様な方法で提示できます。ここでは、同じコンテンツでもまったく異なる外観と操作性を持たせて表示する方法をご確認ください。

アカウントに保存する

リストインフォグラフィックは、とても分かりやすく、目を引きます。ここでは、シンプルな4ステップのSMEクイックスタートガイドをご覧ください。

アカウントに保存する

このデザインは、「シンプルイズベスト」を体現しています。

アカウントに保存する

タイムラインインフォグラフィックは、重要な日付を強調したり、イベント概要を提示したりする場合に便利です。この例は、ソフトウェア開発ライフサイクルの各段階を表しています。

アカウントに保存する

こちらのタイムラインインフォグラフィックは、重要なイベントを一目で把握できる典型的な例です。

アカウントに保存する

色を少し使うことで、コンテンツに活気が出ます。このタイムラインインフォグラフィックは、Alpha Corporation社の毎年の成長を鮮やかに表現しています。

アカウントに保存する

プロセスインフォグラフィックは、プロセスの各段階の概要を示す場合に便利です。この例では、ソーシャルメディアがコンテンツマーケティングの各段階に及ぼす影響を、シンプルで分かりやすいデザインで表現しています。

アカウントに保存する

このデザインは、プロセスをわかりやすく提示する方法を示しています。コンテンツの流れを階段のように表現するデザインによって、プロセスの各段階が明確に伝わります。

アカウントに保存する

これもソフトウェア開発プロセスを示しています。魅力的で分かりやすい方法で、重要な各段階を説明しています。

アカウントに保存する

オーディオと動画の力を活用

オーディオクリップでスライドに新たな広がりを

オーディオは、プレゼンテーションを強力にサポートします。ボイスオーバーや音楽、気を引く効果音などを加えることで、オーディエンスの関心を集めましょう。

動画で視聴者を魅了

複雑なアイデアをシンプルにし、オーディエンスを説得するために、動画の力を注ぎ込みましょう。動画を使った目を引くプレゼンテーションは、オーディエンスの関心を集め、メッセージをより魅力的に伝えることができます。

パスアニメーションで注意を引くストーリーを構築

自動車の進化

この例では、Showを使用して興味深い方法で自動車の進化を説明しています。動画で説明するように、パスアニメーションを使用することで、静的情報が動きのあるストーリーに変わります。

現実的なストーリーの構築

小さな変更がストーリーにもたらす大きな影響をご覧ください。この動画では、サーファーが固定されたパスを移動しています。Showの高度なパスアニメーションを適用することで、より現実的な視覚効果を実現していることが分かります。

過程を見る

編集点を活用して比類なき作品を構築

象の描画

編集点を使用して、基本の図形を特別な作品に仕上げましょう。動画で紹介する編集点の使い方は、すべての人が持つ子ども心を刺激するはずです。

バットマンのロゴの描画

こちらはバットマンファンのチームメンバーが作成しました。図形を編集し、ケープドクルセイダーのロゴを描画しています。

アニメーションを活用した双方向型スライドの構築

表をアニメーションに

視線を瞬時に集めるには、表をアニメーションにして、静的な数字情報を視覚的に印象付けましょう。行や列ごとにアニメーション化すると、詳細に注意を引き付けることができます。

チャートを活用したデータの可視化

発表者が提示した情報を聴衆が把握できるようにサポートします。チャートをシリーズでアニメーション化して特定の傾向を強調したり、カテゴリー別にアニメーション化して月ごとの売上を比較したりできます。また、Showを使い、シリーズの要素やカテゴリーの要素ごとにチャート全体をアニメーション化することもできます。

テキストと図形を自動的にフィット

自動フィット

テキストをサイズ調整して図形にフィットさせたり、図形をサイズ調整してテキストにフィットさせたりする作業はもう必要ありません。Showが自動で調整します。

Zoho Showで分かりやすく魅力的なプレゼンテーションを作成