既製の返信で時間を短縮

頻繁に使用するフレーズ、回答、リンクなどから構成され、Webチャットウィンドウからスラッシュコマンド/キーを使用してすぐにアクセスできるテキストリポジトリーを構築できます。動的返信により、各訪問者への返信をパーソナライズすることも可能です。回答の利用をチームや自分だけに限定することや、回答をタグで分類したり、組織内の特定の部署に割り当てたりもできます。

既製の返信で時間を短縮  
既製の返信で時間を短縮  

質問の繰り返しを抑制

WebチャットウィンドウにFAQとその回答を表示し、見込み客や顧客とのやり取りに要する時間を短縮しましょう。1つの回答やソリューションにさまざまなパターンの質問を追加したり、割り当てたりもできます。こうした情報をSalesIQのリソースタブからデータベースに追加することで、チャットボットやオペレーターはかんたんに情報にアクセスできます。

質問の繰り返しを抑制
質問の繰り返しを抑制

製品に関する洞察をかんたんに共有

ブログ、ヘルプ文書、内部情報、お知らせ、技術関連記事など、オーディエンスと共有したいコンテンツの種類を問わずすべてSalesIQから作成できます。Webチャットウィンドウから見込み客や顧客が直接アクセスし、検索できるようにすれば、担当者の回答を待つことなく、コンテンツを表示できるようになります。チャットボットとオペレーターがWebチャットに参加した状態でも、リンクを介してコンテンツを共有できます。

製品に関する洞察をかんたんに共有
製品に関する洞察をかんたんに共有

ボットを介した雑談

ボットをトレーニングして、雑談を交わせるフレンドリーなボットに育てましょう。顧客との日常的なチャットを自動化し、あなたの時間を節約できます。見込み客や顧客とのつながりを深めるのに役立つ、多彩で魅力的な回答をまとめてみてください。

ボットを介した雑談  

ボットを介したビジネストーク

見込み客や顧客が使用するさまざまなビジネス用語や専門用語を理解し、これに対応できるようボットを装備できます。あなたのビジネスに特有の用語を、その同義語や類義語、代替語などとともにSalesIQの[ビジネス用語]に入力しましょう。これにより、ボットは関連記事やFAQを参照して質問に回答できるようになります。

ボットを介したビジネストーク  

未回答の質問を自動的に記録

ボットを自動化し、チームが対処していないすべての質問やクエリを追跡できます。再分類して適切な回答を提供したり、こうしたトピックをカバーできるデータを基に記事を作成したりできます。自動化されたスマートなAIボットが、SalesIQのリソースタブのデータを活用し、見込み客や顧客に迅速に対応します。追加のコーディングは必要ありません。

未回答の質問を自動的に記録  

あなたのナレッジベースをSalesIQで

ユーザー登録