Zoho セールスIQで部門を設定

サポート対応を最適化し顧客とのつながりを強化するため、Zooh セールスIQでは部門をかんたんに作成できます。顧客対応に関するすべての部門をZoho セールスIQに追加し、各部門にそれぞれに合わせたチャットのウィジェットを用意しましょう。各部門のユーザーのグループを指定し、すべてのチャットに適切な担当者を割り当てられます。

Zoho セールスIQの使用を開始すると、初期設定で部門(ポータル名と同じ名前)が作成されます。

部門は公開にも非公開にもできます。公開された部門は訪問者に表示され、これらの部門の組み込みを作成できます。非公開の部門は自社内にのみ表示されます。バックオフィスの担当者用にしておき、必要に応じて公開部門の担当者がこれらの部門にチャットを転送したりできます。

メールのコピー - 訪問者の返信の際に自動で挿入したいメールアドレスを設定します。

新しい部門の追加

新しい部門を追加するには

  1. 「設定」をクリックしてください。
  2. 「部門」の欄で「+追加」ボタンをクリックしてください。
  3. 部門名と詳細を追加してください。
  4. この部門を「公開」にするか「非公開」にするか選択してください。
  5. ユーザーを選択し、部門にユーザーを追加してください。
  6. 「追加」をクリックし、新しい部門を作成してください。

部門に担当者を追加して管理してください。

一覧から担当者を部門に追加するか、メールアドレスで担当者を検索できます。

  1. 「設定」へ移動してください。
  2. 「部門」の欄で「+追加」ボタンをクリックしてください。
  3. 部門名と詳細を追加してください。
  4. この部門を「公開」にするか「非公開」にするか選択してください。
  5. 下部の「この部門の担当者を管理」へ移動し、一覧から担当者を選択するか、担当者のメールアドレスを入力して検索してください。
  6. 「追加」をクリックし、新しい部門を作成してください。

部門ごとのメールの設定

部門の設定で、メールのやりとりを設定できます。Zoho セールスIQでは自分、担当者、その他関係者に重要なデータを自動で送信できます。

  • 「設定」へ移動してください。
  • 「部門」の設定の欄で、「メールの設定」の欄まで移動してください。
  • それぞれの設定で、メールアドレスの項目をクリックして編集してください。または、右側のチェックマークのアイコンをクリックし、対象のメール設定を無効にしてください。

  1. 送信元のメールアドレス - 未対応のチャットの問い合わせに返信する際に表示したいメールアドレスを設定します。
  2. メールのコピー - 訪問者の返信の際に自動で挿入したいメールアドレスを設定します。
  3. IPブロックの通知 - 担当者がチャットからIPアドレスをブロックした際にメール通知を送信します。
  4. 訪問者のフィードバック - 顧客からのユーザーに関するフィードバックを指定したメールアドレスへ送信します。
  5. チャットの履歴 - チャットの終了後、チャットの履歴を指定したメールアドレスに送信します。
  6. 未対応の訪問者の通知 - 顧客からのチャットの問い合わせに返信がない場合、指定したメールアドレスに通知します。

メモ:コンマを入力して次のメールアドレスを入力すると、複数のメールアドレスを対象の項目に追加できます。

部門の設定と表示と編集

部門の設定を表示して編集するには:

  1. 「設定」をクリックしてください。
  2. 「部門」の欄で、部門名をクリックしてください。
  3. こちらで部門名/詳細を編集し、部門が公開か非公開かを選択できます。この部門のユーザーの管理もできます。
  4. 「保存」ボタンをクリックして更新してください。

設定した部門の無効化

不要になった場合やしばらく使わない場合などに、設定した部門を無効化できます。

  1. 「設定」をクリックしてください。
  2. 「部門」の欄で、部門名をクリックしてください。
  3. 右上の「無効化」ボタンをクリックしてください。

設定した部門の有効化

Zoho セールスIQで設定した部門を無効化した後も、必要に応じて再度有効にできます。

  1. 「設定」をクリックしてください。
  2. 「部門」の欄で、部門名をクリックしてください。
  3. 右上の「有効化」ボタンをクリックしてください。