1つのインターフェイスで多彩な処理を

顧客対応を1つ上のレベルへ引き上げ、見込み客や顧客に関するデータを探してタブを移動する手間を減らしましょう。カスタムアプリ連携を作成すれば、SalesIQのウィジェットからお気に入りのアプリにアクセスできます。SalesIQからデータを表示し管理できるよう、各アプリから必要な機能を取り入れましょう。ウィジェットの構築時に、各アプリで追加または変更されたすべてのデータを同期する自動同期機能を追加することで、入力の二度手間を解消できます。

1つのインターフェイスで多彩な処理を
1つのインターフェイスで多彩な処理を
  

フォームコントローラーで表示データを管理

フォームコントローラーを使用し、ウィジェットに表示するデータ項目とその具体的な操作内容を作成し管理できます。ユーザーがフォームを送信するか、フォームの項目でデータを追加もしくは更新するとコントローラーがトリガーされます。チャットウィジェットの操作ハンドラーから、フォームに追加したい項目や含めたい項目のタイプを選択しプログラムできます。

フォームコントローラーで表示データを管理
フォームコントローラーで表示データを管理
  

Webhookによる接続

SalesIQに接続したいアプリをすでにお持ちですか?Webhookでかんたんに接続できます。サーバーでアプリをホストしている場合は、適切なAPIを介してアプリに接続できます。その他、Webhookを設定して、提供されたメールアドレスや連絡先情報を基に特定の見込み客や連絡先にターゲットを絞ったメールを送信したり、ポータルにオペレーターが新たに追加された際に、更新を受信したりするなど、さまざまな操作を実行できます。

Webhookによる接続  

顧客との関係構築に向けたジャーニーを今すぐ開始

無料トライアル登録