データベースやアプリケーションのデータを分析

ビジネスデータは通常、これらのオンプレミスデータベース、ホステッドデータベース、フラットファイル、およびWebアプリケーションなどに保存されます。データがどこにあっても、Zoho Reportsをビジネス分析ツールとして使用できます。あらゆるソースから、Zoho Reportsにデータを取り込んで、強力な分析レポートを作成しましょう。

社内データベースから

Zoho Reportsを使用して、社内データベース(SQLとNoSQLの両方)に存在するデータを分析しましょう。インストールが簡単で堅牢な「アップロードエージェント」を使用して、ファイアウォールの内側にある社内のデータベースとフラットファイルからデータをアップロードできます。

 

かんたん設定

アップロードツールはシンプルで、インストールや設定が簡単にできます。ファイアウォール、Windows、Mac、Linuxオペレーティングシステム上で動作可能です。

詳細はこちら

 

幅広いデータベース(社内&クラウド)

広範囲のデータベース(SQLとNoSQL)に接続できます。サポートされているデータベースには、Oracle、SQL Server、MySQL、PostgreSQL、MS Access、Teradata、MongoDBなどがあります。

詳細はこちら

 

ファイルの一括アップロード

フラットテキストファイルからのデータを、まとめてアップロードできます。これは、巨大なデータをCSVファイル形式で生成する社内アプリケーションにとって、特に便利な機能です。

詳細はこちら

 

定期的なアップロードと同期

データベースやアプリケーションから、データを定期的にアップロード/同期させる設定をすれば、リアルタイムのレポート作成と分析が実現します。

詳細はこちら

クラウドデータから分析

Zoho Reportsは、HTTPベースのWeb API(REST API)を提供しています。このプラットフォームから独立したAPIによって、アプリケーションやデータベースからのデータのリアルタイム変更を、Zoho Reportsと連携させることができます。

 

データインポート

クラウドデータベースから、Zoho Reportsにデータを直接インポートし、強力なレポート分析ができます。本質を捉えた分析レポートやダッシュボードを作成。重要なパフォーマンスの指標などを追跡できます。

詳細はこちら

 

Amazon Redshift接続

Zoho ReportsはAmazon Redshiftデータベースへのライブ接続に対応しています。このモードでは、AmazonのRedshiftデータで適切なライブクエリを実行することで、Zoho Reportがレポートを作成します。

詳細はこちら

 

データベース対応

Amazon RDS、Amazon Redshift、Microsoft SQL Azureなどのクラウドデータベースと接続して、詳細な分析レポートを作成できます。

詳細はこちら

 

定期スケジュール/同期

定期スケジュールを設定すると、Zoho Reportsに最新のデータを自動的に送信できます。設定プロセスは簡単です。

詳細はこちら

アプリケーションのデータ

Zoho Reportsは、HTTPベースのWeb API(REST API)を提供しています。このプラットフォームから独立したAPIによって、アプリケーションやデータベースからのデータのリアルタイム変更を、Zoho Reportsと連携させることができます。

 

さまざまなAPI

Zoho Reportsは、さまざまなサービス間アクションを可能にする、包括的なAPIを備えています。データの挿入/更新のためのData API、列と表の追加/削除/名前変更のためのModeling API、レポートやダッシュボードに関する情報を取得するためのMetadata APIなどがあります。

詳細はこちら

 

純粋なHTTPベース

ZohoのREST APIでは、標準のXMLまたはJSON形式でリクエスト応答が可能で、これらのプログラミング言語に対応します。ラッパーはJava、C#、Python、PHP、GOなどの一般的な言語で利用でき、開発が簡単になります。

詳細はこちら

 

ブランディング

Zoho Reportsは、レポート機能を完全に自社ブランド化のためのホワイトラベルソリューションを備えています。独自のブランドでカスタムドメイン/ポータルから、レポート機能を提供できます。シームレスな埋め込みBIソリューションを、ぜひご活用ください。

詳細はこちら