あらゆるデータソースとつなぐ

ビジネスデータはフラットファイル、フィード、データベース、クラウドストレージ、オンライン/オフラインのアプリケーションなど、あらゆるところに散在しています。データがどこにあっても、簡単にZohoレポートと同期させて分析レポートを作成できます。データ同期を自動化したり、定期的に予約設定することもできます。

 

ファイル、フィード、クラウドドライブ

Microsoft Excel、CSV、HTML、JSON、XML、テキストファイルなどのスプレッドシート形式のフラットファイルからデータをアップロードできます。また、Zoho Docs、Google Drive、Box、Dropbox Microsoft OneDriveなどのオンラインストレージサービスから、データを取得することも可能で、さらに、Web URLフィードからデータを引き出すことができます。 Watch demo | 詳細はこちら

 

データベース

Oracle、SQL Server、MySQL、PostgreSQL、MS Access、Teradataなどの関連するデータベースや、MongoDB、Cassandra、Hadoop/HiveなどのNoSQLデータベースと接続できます。Microsoft SQL Azure、Amazon RDS、Amazon Redshiftクラウドデータベースへの接続にも対応しています。 詳細はこちら

 

良く使われるビジネスアプリケーション

Zoho CRM、Zoho Books、Zoho Projects、Zoho Creator、Zoho Recruit、Salesforce CRM、Google Analytics、Google AdWords、QuickBooks、Xero、Zendeskなどの人気のビジネスアプリケーションと接続することもできます。

 

社内回線とは別に、オンライン/オフラインサービスにデータがある場合は、強力なデータインポートおよびAPI連携を使用して、データをすばやく接続できます。 詳細はこちら

 

データを融合

Zoho Reportsの設計では、さまざまなソースからのデータを融合&合併して、意義あるビジネスレポートを作成できます。たとえば、マーケティング費用データをExcelファイルやAdWordsにまとめ、CRMの売上データと組み合わせて、費用対売上のレポートを作成できます。詳細はこちら

視覚的に分析

データを視覚的に分析し、洞察的なレポートとダッシュボードを作成。

 

ドラッグ&ドロップの画面で操作できます。IT知識は必要ありません。

 

多種多様なレポート構成要素

多様なチャート、ウィジェット、ピボットテーブル、表形式のビューの構成要素を利用して、洞察的なレポートとダッシュボードを作成しましょう。随時、新しいタイプがアップデートで追加されます。

 

綺麗なダッシュボード

ドラッグ&ドロップの操作だけで複数のレポートを1つのすっきりしたダッシュボードにまとめることができます。画像や書式設定されたテキスト、ウィジェット、Web構成要素を、柔軟なデザインのレイアウトに挿入しましょう。経営幹部/ユーザーがKPI(Key Performance Indicator)を効果的に追跡できるようにしましょう。詳細はこちら

 

スプレッドシードのような操作画面

データの追加や分析レポート作成に、よく使われる「スプレッドシートのような」操作画面を提供します。スプレッドシートに精通しているユーザー向けです。詳細はこちら

 

主な分析方法を使用

簡単にレポートを作成するには、「事前作成された分析関数を適用」をクリックします。使い慣れたExcelのような数式エンジンで、データから必要なビジネス指標を抽出できます。数的統計の関数が豊富に備わっています。 詳細はこちら

共有とコラボレーション

情報にものづいたビジネス意思決定がしやすいように、同僚と一緒にレポートを作成し、お互い共有しましょう。

 

ファイングレイン・アクセス管理

同僚やお客さまが共有レポートへの、読み書きなど具体的なアクセス権限を管理できます。ファイングレイン・アクセス管理で、読み取り専用、読み書き可能、レポートの作成許可、ドリルダウン、エクスポートなどの特定のオプションを管理できます。詳細はこちら

 

レポートの発行と埋め込み

ログインの有無に関わらずユーザーがアクセスできるように、レポートを公開しましょう。Webサイト、社内ネット、ブログ&アプリケーションに、レポートやダッシュボードを埋め込んで、幅広く活用しましょう詳細はこちら

 

印刷とメール送信

レポートとダッシュボードを自動的にメール送信できるように予約設定しましょう。オフラインのアクセス用にレポートをエクスポートまたは印刷することもできます。

 

自社ブランド化が可能

Zoho Reportsはブランド化が可能なサービスです。サービスをシームレスに連携させて機能補完させる強力なレポートツールが必要なISV(Independent Software Vendor)や、自社ブランド名でのレポートソリューションが必要なシステムインテグレータ&コンサルタント向けに設計されています。

完全に再ブランド化したい方向けに、ホワイトラベルソリューションを提供しています。自社ブランドでカスタムドメイン/ポータルからサービスがご利用になれます。

 

ポータルを完全に再ブランド化

自社ブランドで独自のレポートポータル/Webサイトをすばやく設定し、完全にブランド化されたレポート&ダッシュボードを使用できます。すぐに分析ツールプロバイダになれます。

 

分析ツールの組み込み

ホワイトラベルのZoho Reportsは、シームレスな埋め込み型のビジネス分析ツールのオプションを提供しています。アプリケーションやサービスに設計済みのレポートやダッシュボードを埋め込みましょう。ユーザーにとって、とても有益なものになります。

 

カスタマイズ可能なデザイン要素

完全にカスタマイズ可能なデザイン要素、シングルサインオン、ユーザー管理、包括的なAPI、およびその他のホワイトラベリング機能で、自由自在に仕様をカスタマイズできます。

拡張性の高いBIプラットフォーム

開発者とシステムインテグレータ(SI)は、強力で拡張性に高いZoho Reports開発プラットフォームを使用して、レポート機能と分析機能をビジネスアプリケーションに組み込み/連携させることができます。

 

API連携

Zoho Reportsは強力なHTTPベースのWeb APIを提供しています。データの統合(データの追加、変更、削除および取得)、メタデータの処理(データおよびレポートの詳細の取得)、共有および動的レポートの埋め込みのためのメソッドをすべて提供しています。

 

Zoho CloudSQLテクノロジーは、開発者が使い慣れたSQL言語を使用してZoho Reportsに保存されたビジネスデータとかかわることができます。詳細はこちら

 

列指向データベースバックエンド

Zoho Reportsは中小だけでなく、大企業向けのものでもあります。分析レポートのために100億の未整理データを計測して処理することができます。大規模企業では、拡大縮小可能な列指向データベース技術をバックエンドとして使用することができます。

 

強固なセキュリティ

冗長化、バックアップ、暗号化された接続のサポートを含むZohoの強力なセキュリティ対策により、データの安全は保証されます。詳細はこちら

 

モバイル分析ツール

外出中でもiPadやAndroidタブレットから、Zoho Reportsサービスで作成したレポート&ダッシュボードにアクセスできます。 詳細はこちら

 

ビッグデータ分析

貴重なデータの宝庫を簡単に分析して、ビジネスにとって重要な考察を得ましょう。データは、リレーショナル、NoSQL、クラウドデータベース、一般的なビジネスアプリなどの大きなデータソースに保存することができます。詳細はこちら