EcoMark Solar社のZoho Reports導入事例
 

Ian Melchior氏IT業界 EcoMark社の社長

Zoho Reportsを導入してから、各部門の健全性、見込み客の質、従業員の業績などの指標を特定できるようになりました。また、市場予測をするための傾向分析も非常に役に立ちました。

ビジネス紹介

EcoMark Solar社は、コロラド州のデンバーに拠点を置く会社で、民間レベルでの太陽光エネルギーの使用を広めています。具体的には、宣伝活動、マーケティング、見込み客生成、チャネル営業を専門として、再生可能エネルギー産業を社会に広める会社です。住宅用太陽電池の販売に特化しています。

課題

EcoMarkは、初Salesforceを使用していましたが、企業が成長してユーザー追加が増えたため、Salesforceの利用コストが高騰しました。 Melchior氏は、コストが高くても、Salesforceの最終的なコスパに期待するのか、別のサービスを試すのか、どのようにCRMを利用するのかの選択を迫られました。

ビジネスが爆発的に拡大したので、営業担当者、顧客サービスマネージャーなどを大量募集していました。少なくとも、さらに20人のユーザーを追加できるフル機能のCRMツールと、データをより深く分析するための効率的なレポート作成ツールが必要でした。

解決策

Melchior氏は、理解しやすく使いやすいインターフェイスのCRMを探しました。これは、Melchior氏がCRMの利用ために、追加の20人以上のスタッフを研修をしなければいけない以上、非常に重要なことでした。

EcoMark社の社員も、Zohoを利用した経験があったので、その使いやすさを理解していました。EcoMark社の場合、Zoho CRMを試している過程で、自社の採用基準を満たしたソリューションが見つかりました。
Zoho CRMを導入した直後に、Melchior氏は、Zoho Reportsと連携したCRMで高度分析アドオンの使用を開始しました。

Zoho CRMでは、事前に優秀なレポートツールが備わっていましたが、より堅実で信頼できる機能も利用しようと考え、Zoho Reportsと連携することにしました。

 
Zoho Reportsは、当社のビジネスにとって極めて重要なものであり、Zoho CRMとの連携は非常に重要な役割を果たしています。

結果

Melchior氏は、Zoho CRM 高度分析アドオンが非常に便利であることを理解しました。レポートでは、特定の部門の健全性、見込み客の質、従業員のパフォーマンスに関する指標を特定できます。また、市場予測をするための傾向分析も非常に役に立ちました。