リモートのままでプランを選択

分散型チームを構築するのに必要なリモートワークツールキット。

USDINREURGBP
月間契約 年間契約年間契約で割引
 

前述の料金には、地方税が含まれています。

上記はすべて税別表示料金です。別途消費税がかかります。

利用可能なアプリ

戻る

  • Cliq
  • WorkDrive
  • Meeting
  • Connect
  • Writer
  • Sheet
  • Show
  • Sprints
  • Lens
  • Assist

Cliq

  • 検索可能メッセージ数:無制限
  • ファイルストレージ:100 GB(組織向け)
  • チャンネル当たりの最大参加者数:100
  • ユーザーのプロビジョニングとプロビジョニング解除
  • Google/Google Workspaceサインオン
  • SAMLベースのシングルサインオン(SSO)
  • 画面共有
  • 新規リモートワーク
  • 新規既読通知
  • カスタマイズ
  • カスタムドメイン

WorkDrive

  • ファイルのアップロード上限:1 GB
  • ユーザー1~2人のチームの場合 - 1ユーザー当たり10 GB
  • チームフォルダー
  • ユーザー3~10人のチームの場合 - 100 GB
  • 詳細なアクセス制御
  • ユーザー11人以上のチームの場合 - 100 GB、11人目以降は1ユーザーあたり10 GB追加
  • サブフォルダーレベルの共有
  • Zoho Office Suite
  • 160種類以上のフォーマットプレビュー
  • コンテンツのユニバーサル検索
  • 外部ファイル共有
  • 未読通知
  • モバイルアクセス
  • デスクトップ同期
  • 保存時の暗号化(256ビットAES)とSSL/TLS暗号化
  • 管理ダッシュボード
  • ユーザー管理
  • パスワード保護付きのリンク

Meeting

  • 参加者数:10人
  • ストレージ:10件の録画
  • ビデオ会議(最大10件のビデオフィード)
  • 会議ウィジェットの埋め込み
  • 国際ダイヤルイン番号
  • 会議の録画
  • 複数のリマインダー通知メール
  • 非公開会議のロックとホスト
  • キーボードとマウスの制御管理
  • 高度なモデレーター制御
  • 組織管理者アクセス:
  • ロゴと名前を使用した共同ブランディング
  • アカウントへのユーザーの追加と管理
  • 組織向けビデオ設定
  • その他アプリ連携
  • アプリ:
  • デスクトッププラグイン
  • Google Chrome拡張機能
  • Firefox拡張機能
  • iOSアプリ
  • Androidアプリ

Connect

  • フィード
  • 公開グループと非公開グループ:無制限
  • チャンネル数:無制限
  • フォーラム
  • マニュアル
  • タスクとボード
  • イベント
  • ファイル
  • カスタムアプリ:無制限
  • 1対1のチャット
  • 1メンバー当たり外部ユーザー数:5
  • 組織レベルとグループレベルの権限
  • 組織レベルとグループレベルのモデレーション
  • 1ユーザー当たり200件のカスタムアプリレコード
  • 1ネットワーク当たりのファイルストレージ容量(2GB×ユーザー数)
  • カスタムドメイン
  • カスタムロゴ&ファビコン
  • カスタムCSS
  • 複数ネットワークとグループ管理者
  • Active Directory連携
  • 機能の有効化/無効化オプション
  • カスタムプロフィール項目
  • ネットワーク分析とグループ分析
  • データのエクスポート
  • 外部サービスアプリ連携

Writer

  • コラボレーションによるドキュメント作成
  • ドキュメントへのエディターコメントの追加
  • 編集履歴の管理
  • ドキュメントワークフローの設計
  • Zoho Sign連携による電子署名
  • Ziaによるレビュー

Sheet

  • スプレッドシートの作成、編集、共有
  • 対話型スプレッドシートの作成
  • Ziaの洞察を使用したレポートの生成
  • Excelとの互換性あり

Show

  • インパクトのあるプレゼンテーションの作成
  • エディターやデザイナーとのリアルタイムコラボレーション
  • コラボレーション相手への役割の割り当て
  • 表示、コメント、共有のアクセス権付与
  • 複数テンプレートからの選択
Sprintsは、スタンダードプランには含まれていません

プロフェッショナルでアクセス可能です

Lensは、スタンダードプランには含まれていません

プロフェッショナルでアクセス可能です

Assistは、スタンダードプランには含まれていません

プロフェッショナルでアクセス可能です

プロフェッショナル無料お試し登録Access Remotely

Cliq

  • スタンダードプランすべての機能+
  • リブランディング
  • カスタムメール
  • カスタムユーザーの役割と権限
  • ユーザーグループ(チーム)
  • 外部チャンネル
  • マルチチームチャンネル
  • 通知チャンネル
  • チーム独自のセキュリティーポリシー
  • 新規レポートユーザー、部門の対応状況レポートの取得
  • 新規ゲストチャット外部ユーザー(ベンダー、顧客)をゲストとして追加し、かんたんに会話

WorkDrive

  • スタンダードプランすべての機能+
  • ファイルのアップロード上限:50 GB
  • ユーザー1~2人のチームの場合 - 1ユーザー当たり1 TB
  • ユーザー3~10人のチームの場合 - 5 TB
  • ユーザー11人以上のチームの場合 - 5 TB、11人目以降は1ユーザーあたり500 GB追加
  • ファイルのバージョン:無制限
  • ファイル操作のタイムライン
  • グループ
  • ブランドのカスタマイズ
  • ファイルアクセスの統計
  • チームフォルダー操作のタイムライン
  • 高度な管理制御
  • データテンプレートとカスタム項目
  • 90日間のファイル復元
  • コンテンツの完全な可視性と管理
  • 監査証跡
  • Zipの作成
  • Zipのプレビューと抽出
  • ファイルのロック
  • ドメイン検証
  • 2段階認証
  • SAMLベースのSSO連携

Meeting

  • スタンダードプランすべての機能+
  • 参加者数:100人

Connect

  • スタンダードプランすべての機能+

Writer

  • スタンダードプランすべての機能+

Sheet

  • スタンダードプランすべての機能+

Show

  • スタンダードプランすべての機能+

Sprints

  • プロジェクト数:無制限
  • ストレージ容量:100 GB
  • カスタムステータス
  • カスタムの役割と権限設定
  • カスタムユーザーグループ
  • カスタム項目タイプ
  • カスタム優先順位
  • 同時進行スプリント
  • エピック
  • タイムシート
  • ミーティング
  • Webhook
  • リリース管理
  • カスタムプロジェクトテンプレート
  • WIP制限
  • カスタムビュー
  • カスタムレイアウトと項目
  • GitHub連携
  • Bitbucket連携
  • Gitlab連携
  • Zoho Desk連携
  • Zapier連携
  • Jenkins連携
  • Meeting連携

Lens

  • Chat
  • 顧客への注釈
  • 招待メール
  • 拡大/縮小
  • VoIP
  • カメラストリームのフリーズ
  • 技術者への注釈
  • セッションの予約
  • 連絡先のインポート
  • ベーシック分析
  • SMSの招待
  • ライブスナップショット
  • セッションメモ
  • 操作ログビューアー
  • 新規Zoho Desk連携
  • セッションの記録(無料ストレージ:3 GB)
  • 高度な分析
  • ファイルマネージャー
  • リブランディング
  • メールの設定
  • カスタムメールテンプレート
  • 独自のドメインマッピング
  • 部署
  • 同時セッション数:4

Assist

  • リモートサポート技術者数:1人
  • 無人コンピューター数:5
  • インスタントチャット
  • デスクトップアプリ
  • UAC互換性
  • クリップボードの共有
  • Macのサポート
  • ユーザー管理
  • Zoho Desk連携
  • Zoho SalesIQ連携
  • 組織の役割
  • ファイル転送
  • マルチモニターナビゲーション
  • Alt+Ctrl+Del送信
  • 再起動と再接続
  • セッション転送
  • Google連絡先のインポート
  • カスタムレポート
  • 画面キャプチャー
  • Zendesk連携
  • 同時セッション数:2
Cliq
WorkDrive
Meeting
Connect
Writer
Sheet
Show
Sprints
Lens
Assist

よくある質問

  • Zoho Remotelyとは?

    Zoho Remotelyは、チームとのコミュニケーションやコラボレーション、業務の管理を支援し、世界中の顧客にリモートサポートを提供できるようにするクラウドアプリケーションスイートです。

  • Remotelyを無料で使用できるツールキットとして利用開始したのはなぜですか?

    COVID-19パンデミックの中、チームのリモートワークへの移行を支援するため、Zoho Remotelyを立ち上げました。Remotelyは、企業、特に中小企業がリモートワークという緊急の要件に対応できるよう支援するための、Zohoの取り組みの1つでした。

    ZohoはRemotelyを無料で提供することで、企業が事業の継続を維持し、リモートワークへの移行という突然のコスト増から企業を保護したいと考えました。当初は3か月間の提供を考えていましたが、世界中はまだこの新たな状況への対応に時間を要していたため、8か月間に延長しました。

  • Zoho Remotelyではどのアプリケーションを利用できますか?

    当初は、Cliq、Meeting、ShowTime、WorkDrive、Writer、Sheet、Show、Projects、Sprints、Lens、Assistの11のアプリケーションで、Remotelyの利用を開始しました。

    2020年12月1日以降利用可能なRemotely有料版ツールキットは、Cliq、Connect、Meeting、WorkDrive、Sprints、Writer、Sheet、Show、Lens、Assistの10のアプリケーションで構成される予定です。

    無料お試しで提供されていたProjectsとShowTimeは、Zoho Remotely有料プランには含まれません。この2つは、2020年12月1日以降は利用できなくなります。

  • Remotelyではタスク/プロジェクト管理にどのツールを使用できますか?

    Zoho RemotelyでProjectsは利用できなくなりますが、Zoho Sprintsは引き続き利用できます。これは、アジャイル手法を用いるチーム向けのプロジェクト管理サービスです。Sprintsの全機能は、Remotelyのプロフェッショナルプランで利用可能です。そのほか、2020年12月1日以降、Zoho Connectも含まれます。チームは、このアプリケーションのタスクボードを使用して、シンプルなプロジェクトを計画、実行できます。カンバンビューも含まれます。

  • RemotelyでZoho ProjectsとZoho ShowTimeを使用しています。使用を継続するにはどうすればよいですか?

    2020年12月1日以降、Zoho ProjectsとZoho ShowTimeはRemotelyには含まれなくなります。  しかし、ご安心ください。データが失われることはありません。ProjectsとShowTimeポータルは無料プランにダウングレードされます。ProjectsやShowTimeの全機能を継続して使用されたい場合は、こちらのフォーム(Zoho Projects用)、またはこちらのフォーム(Zoho ShowTime用)に入力してリクエストをお送りください。ご要望に合う最適なプランをご利用いただけるようサポートいたします。

    ありがとうございます。担当者よりご連絡いたします。

    見積書を依頼する