ユーザーの役職と権限設定

ユーザーの管理

Zoho Recruitを利用するユーザーの情報を管理できます。異動や退職で業務を離れた担当者のアクセスを無効にできます。

権限を管理

すべての採用担当者が、すべての情報にアクセスする必要はありません。権限を設定してユーザーのアクセス権限を定義することでこれを制御できます。タブレベルでも機能レベルでも制御が可能です。

役割を管理

採用管理者、採用担当者、ゲスト、面接担当者などの役割を作成して、Zoho Recruit内のユーザーごとに役職を割り当てられます。

ユーザーグループを管理

Zoho Recruitでは、さまざまなグループを作成して共通の情報を管理できます。グループは、全員が同様のタスクを実行する、または同様の情報へのアクセス権を持つ採用担当者から構成されます。

採用担当者が閲覧可能な情報の設定と制限

採用管理者は、Zoho Recruit内のさまざまな情報へのアクセス権限を設定できます。

希望するデータのみを共有

カスタムルールを作成し、経営陣、部下、その他のユーザーとのデータ共有に利用できます。データ共有設定を使用すれば、他の役割やグループに含まれるユーザーにアクセス権限を付与できます。