会社のWebサイトを活用しましょう

求人を公開する

Webサイト訪問者を応募者に変えましょう。Zoho Recruitを使用すれば、現在募集中のすべての求人をWebサイトで公開し、訪問者が特定の求人に直接応募できるようになります。

ターゲットを絞って公開する

複数のページを作成し、特定の閲覧者層にターゲットを絞り込みましょう。例えば、会社概要のページに管理職の求人を掲載したり、製品ページにはその製品の営業職の求人を公開することなどができます。

統一されたブランディング

採用ページを自社のブランディングに合わせてカスタマイズ。ロゴや背景画像をアップロードし、ページの背景色やフォントなどを変更すれば、注目を集めることができます。

WebサイトからZoho Recruitに直接データを追加

Webフォームから送信された連絡先情報を、Zoho Recruitの応募者やクライアントタブに直接登録ができます。

メールを自動送信

Webフォーム経由で獲得した応募者やクライアントに自動でメール送信をしましょう。設定された条件に基づいて自動メールが送信されます。

受信者による配信解除を可能に

メールでのご案内が不要な人もいます。Zoho Recruitから送信されるメールには、受信者自身が配信解除の設定ができるリンクを追加できます。

応募者ログイン

応募者ログイン機能により、応募者はアカウントを作成してログインし、個人の情報や応募情報の保存や更新が可能です。