カンバンの効果

多くの課題を抱えて途方に暮れることもあるでしょう。カンバンは「カード」や「視覚標識」を指す日本語です。スーパーマーケットの在庫を補充するための技が、トヨタの自動車工場の現場で生産性向上のために採用されました。同じ概念をZoho Projectsに適用することで、課題が効果的に解決されています。

カンバンボード

すべてのプロジェクトには、すべての課題をカードで表して列に並べたカンバンボードがあります。列のカテゴリーには、重大度、分類、モジュール、課題の再現が可能かどうかを指定できます。これにより、チームが進行状況を把握し、どの時点でもやるべきことを認識できるようになります。カードをクリックして、コメントや添付アイルを含めたり、関連する課題をリンクしたりすることが可能です。カードに関連するすべての詳細事項がカード上のアイコンとして表示されるので、それらにかんたんにアクセスできます。 

視覚に訴える

長い説明よりも優れたスケッチのほうがわかりやすいことがあります。長いリストがいつも最適とは限りません。カンバンを利用して、視覚化のメリットを活かしましょう。作業の流れや、列が長い項目を確認し、ボトルネックを特定してプロセスを改善することが可能です。

ドラッグ&ドロップ

作業の進行に従って、列から列へ課題カードをドラッグ&ドロップするだけです。列内でカードを並べ替えたり、各列の下に直接新しい課題を配置することもできます。

Reorder issues