消費者のプライバシーは守られるべきです。しかし、必ずしもそうではありません。どういうわけか、個人のプライバシーよりも商慣習が優先されるようになりました。プライバシーを侵害して、ビジネスモデルが収益性を上げると、消費者は明らかに損をします。

オンライン広告と消費者のプライバシーは必然的に対立します。その論理は複雑ではありません。オンライン広告に基づいて構築されたビジネスは、消費者情報を明らかにする場合にのみ成功します。広告主は特定の特性や興味を持った消費者をターゲットにするために多くの費用を支払うことから、実際に消費者情報を活用することでオンライン広告ビジネスは繁栄します。

そして、これらすべての消費者情報はどのように収集されているのでしょうか?主にあなたの個人的な習慣や興味を明らかにする目的で、無償製品と偽った不正ソフトウェアを通して、あなたの行動、クリック、および会話が絶えず監視されています。このデータを利用して、パッケージ化された「市場性が高くてすぐに実施可能なセグメント」にあなたは放り込まれ、広告主に販売されるのです。広告主にとって価値あるセグメンテーションを正確に行うことは、あなたや私のプライバシーの侵害につながります。

はっきりさせましょう。ソフトウェアがユーザーを観察できるようになると、ソフトウェアはより良くなり、特定のコンテキスト内でユーザーにとってより高い性能を発揮できます。スペルチェッカーはこのように動作します。スペルチェッカーの唯一の目的は、あなたのエラーを発見し、修正する機会を提供することです。ユーザーとの暗黙の契約は、ユーザー情報が明示的な目的だけに制限されていることです。そのため、ユーザーはスペルチェッカーを信頼できます。しかしながら、ユーザー情報を消費者の特性評価に利用し、さらには最高入札者に販売するような企業意図がある場合、この信頼関係は成立しません。

めまいがするかもしれませんが、ここで間違えないでください。あなたのプライバシーをひどく脅かすものです。

もし犯人が製品市場の独占企業であり、ユーザーの個人情報の独占に容易に転換できることがわかった場合、事態はさらに悪化します。

それ故に、政府が頻繁に介入して消費者のプライバシー保護と違反者への罰金を行うのは当然のことです。2018年5月には、EU一般データ保護規則(GDPR:General Data Protection Regulation)がEUで施行されました。これにより、企業は広告を配信する前にユーザーから明示的な許可を求める必要があります。最近の独占的な競争の一面で、EUは2.4兆ユーロの独占禁止法違反の罰金を課しています。

Zohoでは、政府が倫理的に疑わしいと言い出すずっと前から、広告モデルを「オプトアウトしていた(排除していた)」ことを誇りに思います。

Zohoでは多くの製品を無料で提供しており、有料版も提供しています。しかし、広告を配信したことは一度もありません。そして今後もずっとありません。Zohoが収益を得る唯一の方法は、あなたがZohoに支払うソフトウェアライセンス料のみです。広告モンスターに餌を与えるために、あなたの行動を追跡しているのではないかと、心配する必要はありません。無料版は、お客様がサービスに満足して購入する時までの間、Zohoサービスを試用できることを目的として提供しています。優れた機能を備え、但し書きや隠された意図はありません。

Zohoはあなたが満足してZohoを利用してくれることに自信を持っています。Zohoは驚くほど手頃な価格で素晴らしいソフトウェアを提供しているからです。なおかつ、Zohoはあなたのプライバシーを侵害することはありません。

コメントする

メールアドレスは公開されません。*は必須項目です*

*
*