時間を短縮する時間管理

期日より前倒しで進められるのは理想的です。クライアントに正確な料金を迅速に請求して、プロフェッショナルであることを示しましょう。Zoho Peopleを使用すれば、プロジェクトの時間をかんたんに記録し、タイムシートを作成して承認のために送信し、クライアントに請求して従業員に支払うことができ、一歩先を行くことができます。 

ビデオを見る

要望に合わせて時間を記録

要望に合わせて、日ごとまたは週ごとの時間を記録できます。タイマーを使用して時間を自動的に記録することも可能です。またZoho Peopleでは、複数のプロジェクトから週ごとの記録をかんたんに作成、更新できます。

プロジェクトをスライスしてカット

クライアントやプロジェクトをシステムにかんたんに追加できます。各プロジェクトのジョブを定義し、割り当てて、各ジョブの作業時間を記録するだけです。

仕事のスケジュール作成と進捗状況の把握

効果的な方法で仕事を調整し、進捗をかんたんに把握できます。特定の日や1週間にわたって複数の仕事を割り当てることも、定期業務として反復設定することも可能です。スケジュールされている時間、記録されている時間、両者の差を詳細なレポートで明確に把握できます。

CRMからの詳細情報を確認 

タイムトラッカーによって手入力が不要になります。PeopleはZoho CRMと連携しているため、ジョブをCRMクライアントまたはアカウントとかんたんに紐付けることができ、追加の作業は不要です。クライアントに請求した時間の要約をワンクリックで表示することもできます。

従業員のタイムシートと承認

作業したプロジェクトごとにタイムシートを作成し、クライアントに正確に請求することができます。タイムシートの承認プロセスを設定し、クライアントに請求する前に、レポートラインの担当者が適切なジョブに許可を与えていることを確認できます。スケジューラを使用して従業員に作業時間を提出してもらい、あとはZoho Peopleにお任せです。

タイムカードを自動化し、記録と出退勤を正確に管理

Zoho Peopleは日次、週次、月次のいずれでも時間を定期的に取得できるため、スタッフによる就業時間の記録が可能です。タイムトラッカーと出退勤タブがリンクされ、タイムカードの保守がよりかんたんになりました。就業時間記録を送信するように促す通知がスケジューラーから従業員に送られ、設定された間隔で自動的に文書が作成されます。

詳細なレポート

業務の大半を占めるのは、小さな物事の追跡です。複数のジョブが同時に進行している場合、細部まで注意を払うことがより重要になります。きめ細やかなジョブレポートを作成することで、進捗状況を管理し、順調に成果を挙げることができます。

クリックするだけで請求書作成

Zoho Peopleを使用すれば、請求書をかんたんに作成できます。Zoho Books、Zoho Invoice、QuickBooksは連携しているため、ご希望の請求書ソフトウェアに完成したタイムシートを読み込むだけで支払いができます。