DXの完全見取り図を押さえます!

テレビCMや新聞記事などを通して、今や目にしない日はない“DX”の2文字。

しかし、この言葉の意味を正確に理解している人は、意外と多くないのも事実です。

「ウチの会社ならとっくにDX済みだよ」と言いながら、
現実は印刷物で管理していた資料をデータ化しただけ…という“なんちゃってDX”も少なくありません。

そもそも、DXとはDigital Transformation(デジタル・トランスフォーメーション)のこと。
直訳は「デジタルによる変容」となり、この言葉の通り本来の意味は“変化”。
つまり、単に業務をデジタル化するのではなく、それを活用することでビジネスの仕組み・環境を根底から変える革新こそがその真意なのです。

既存のITシステムが限界を迎える「2025年の崖」を目前に控え、もはや誰もが避けては通れないDX。
だからこそ正しく理解した上で、実行することが急務と言えるでしょう。

そこで、本ウェビナーでは、DXの概要に関する説明をはじめ、成功事例と失敗事例、
さらにはCRMツールを入口としたDX化までの構築ステップについても詳しくご紹介。
あなたの頭の中に「自社のDX後」のイメージを浮かび上がらせます。

主な内容
  • DXとは?
  • DXの成功と失敗の事例
  • 基盤のCRMからSTEP構築の勘所
  • Zoho ONEで実現するDXのSTEP構築
  • 営業手法の具体的な自社事例
onewebinarlistimage

※同業他社の方はお申し込みをお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。

本ウェビナーをおすすめする方

以下の課題を抱えているDXの推進担当者、
営業マネージャー、経営者の方におすすめの内容です。

  • DXに取り組んだが失敗した経験がある
  • DXの効果を高めたい
  • DXの取り組みがうまく進んでいない
    など
Speakers
野田 英文 | 株式会社シフト 福岡支店 システムアドバイザー

野田 英文

株式会社シフト 福岡支店 システムアドバイザー

IT業界に身を置き35年。PG・SEの経験を経て、自社オリジナルパッケージの開発・ソリューション販売に従事。その経験を活かし、現在はWantする(求める)のではなくWantされる(求められる)営業や会社になることを目指す。中小企業のお客様の未来へのヒントと筋肉質な仕組みを提案するチーム作りに取り組んでいます。

近日開催のウェビナー