GDPRとは?

GDPRは、消費者、すなわちフォーム入力者の個人データに対する高水準の透明性、アクセス、管理を確保するための規則です。2018年5月25日から施行され、安全なデータの取り扱いやデータプライバシーに関する企業向けのガイドラインを定めています。

GDPRへの準拠が必要な理由

GDPRに違反した場合、あなたや組織が高い代償を支払わされるおそれがあります。違反に対する制裁金は、最大で2,000万ユーロまたは御社の前年度の全世界年間売上高の4%のうち、いずれか大きい方の額となります。しかし、デジタル分野における顧客との信頼関係の再構築に重点的に取り組むことにより、競争上の優位性を確立できるビジネスチャンスでもあります。価値の交換を重視し、同意変更の機会を利用して、顧客から多くの賛同を得ましょう。

Zoho OneでGDPRに対応

Zoho OneはGDPRに準拠しています。

Zohoバンドルに含まれるすべてのアプリは、GDPRに準拠しています。一例を挙げると、CRMは、アクセス権、訂正権、データポータビリティー権、処理を制限する権利、忘れられる権利をお客さまに認めています。Campaignsは、この規則に準拠するクリーンなメールマーケティングを提供します。お客さまは、お客さまとのつながりを希望する人にのみコンタクトできます。Formsは、データ収集や処理からデータ主体の権利の管理に至るまで、GDPRに準拠する複数の方法を考案します。Projectsは、GDPRが推奨する追加のセキュリティーレベルを確保できるようにデータを取り扱い処理します。Sales IQでは、サイト訪問者に追跡を通知します。訪問者は、追跡の可否を選択し、いずれかの方法でWebサイトの閲覧を継続できます。

これらは、スイートの一部サービスのほんの一例です。個々のサービスのGDPRへの準拠についての詳細は、それぞれ下記のリンクをクリックしてください。