KPI

KPI(重要業績評価指標)は、組織全体の目標達成に向けて、進捗を定義/評価するために使用するビジネス指標です。KPIとチャートを使って、営業マネージャーは以下のことを行なえます。

  • リアルタイムに視覚化された、営業組織のバイタルサインの把握
  • 営業目標を達成するための、タイムリーな調整
  • 重要な成功への原動力と障壁の把握
  • 成功につながる活動を引き起こすために、数クリックでのターゲット設定およびコンテスト作成

 

デフォルトKPI

ホーム ダッシュボードでは、以下のKPIが用意されています。KPIカード右上のアクションメニューアイコン [...] をクリックして、設定、非表示、編集、および削除できます。

  • 作成した見込み客
  • 作成した商談
  • 売上
  • 受注
  • 失注

 

チャートを表示する

KPIをクリックして、インタラクティブなトレンドチャートを表示します。また、データをチーム、社員、または関連するCRMデータの選択した項目で分析することも可能です。さらに詳しい比較や分析には、チャートに追加する別のKPI および/またはターゲットを選択します。

チャートの点や棒を選択すると、関連するCRMデータがページの下に表示されます。すべてのデータを表示するをクリックすると、チャートのすべてのデータが表示されます。

View Chart

 

メモ

  • 組織のKPIやチャートでは、有効なMotivatorユーザーおよび他のCRMユーザーの両者が作成したデータが含まれていますが、社員のフィルターで抽出および分析されるデータには、有効なMotivatorユーザーのデータのみ含まれます。

 

お勧めのKPIの追加

Zoho Motivatorは、指定した情報に応じて、会社に合ったKPIを自動的にお勧めして作成します。お勧めのKPIは、既存のダッシュボードか新しいダッシュボードに追加できます。

  1. ダッシュボード上部の+KPIボタンをクリックします。
  2. メニューからお勧めのKPIを選択します。
  3. 適切なKPIをお勧めしてほしい会社情報や業務情報を入力し、お勧めをクリックします。
    • 業界:会社の業界を選択します。
    • 販売の役割:会社の主な販売の役割を選択します。インサイドセールスとは、オフィス内で主に行われる販売方法で、アウトサイドセールスとは、オフィス外で主に行われる販売方法です。オフィス内とオフィス外の両方で販売を行っている場合には、ハイブリッドセールスを選択してください。セールスディベロップメントとは、見込み客の獲得に集中する営業担当のことで、アカウントマネージメントとは、販売全体の管理と顧客管理に対する責任者のことです。
    • 従業員数:会社にいる従業員数を選択します。
    • モデル:会社のビジネスモデルを選択します。
    • 設立年:会社が設立された年を選択します。
    ​​
  4. お勧めされたKPIを確認し、選択します。新しいダッシュボードの作成オプションを有効にすると、お勧めのKPIが新しいダッシュボードに追加され、有効でない場合には現在開いているダッシュボードに追加されます。
  5. 適用をクリックして、お勧めのKPIを作成します。

 

既存のKPIを追加する

  1. ダッシュボード上部の+KPIボタンをクリックします。
  2. ドロップダウンから追加したい既存のKPIを選択します。
  3. 利用可能なオプションから、必要な設定を選択します。
  4. 複数のカードを1度に追加するには、選択可能なオプションから選択し、レビューをクリックします。
  5. ダッシュボードに追加したい項目を選択し、適用をクリックします。

 

新しいKPIを作成する

  1. ダッシュボード上部の+KPIボタンをクリックします。
  2. メニューから、新しいKPIを選択します。
  3. KPIで使用したい数式を選択します。次の3つの数式から、選択できます。
    • 合計:指定した期間における、CRMデータの件数または数値の合計です。
    • 平均:指定した期間における、CRMデータの数値の平均です。
    • 割合/比率:指定した期間における、1つ目の数値対2つ目の数値の割合/比率です。
  4. 行動の追加をクリックし、このKPIに対して、CRMの活動を定義します。行動の詳細については、こちらを参照してください。追加できる行動の数は、選択した数式によって異なります。
    • 合計:制限なく、必要に応じて行動を追加できます。
    • 平均:数値項目のあるCRMのタブを1つ、行動として追加できます。
    • 割合/比率:2つまで行動を追加できます。
  5. すべての行動を追加したら、目標がポイントの増加なのか減少なのかを選択し、次へをクリックします。
  6. KPIの 名前説明 を入力し、次へをクリックします。
  7. 設定を確認し、保存をクリックします。

 

KPIを編集する

  1. 編集したいKPIカード右上のアクションメニューアイコン [...] をクリックします。
  2. メニューから、KPIの編集を選択します。
  3. 編集する項目を選択し、必要に応じて変更します。
  4. 保存をクリックします。

 

KPIのフィルタリング(すべてのKPIダッシュボード)

すべてのKPIダッシュボードにどのKPIを表示するか、フィルタリングできます。ダッシュボードで使用可能なフィルターに加えて(ダッシュボードのフィルタリングを参照してください)、すべてのKPIダッシュボードでは過去の期間との比較結果に応じたフィルタリングも可能です。

  1. 画面上部にあるナビゲーションバーのダッシュボードボタンをクリックし、すべてのKPIを選択します。
  2. 画面上部のフィルターボタンをクリックします。フィルターを適用すると、フィルターバーがカードの上に表示されます。フィルターバーを非表示にするには、xをクリックします。
  3. 利用可能なオプションから、フィルターを選択します。
    • KPI:下記で選択した期間オプションとの比較結果に応じて表示するKPIを、アップ/ダウン/変化なしから選択します。
    • メンバー:管理者/スーパー管理者は、フィルターするKPIを組織/チーム/個人から選択します。一般ユーザーは、自分のKPIのみフィルタリングできます。
    • 期間:比較するKPIの期間を、日/週/隔週/月/四半期/半年/年/カスタムから選択します。
  4. 適用をクリックします。

 

KPIを削除する

  1. 削除したいKPIカード右上のアクションメニューアイコン [...] をクリックします。
  2. メニューから、システムからKPIを削除(復元できません)を選択します。

メモ

  • KPIを削除すると、KPIに関連するターゲットおよびKPIカード(他のダッシュボード上のカードも含む)がすべて、削除されます。

 

同僚との比較

KPI右上のアクションメニューアイコン [...] をクリックし、同僚との比較を選択すると、社員間の比較を表示できます。この機能により、ユーザーが必要に応じてゲームを設定したり支援を求めたりして、モチベーションを上げることができます。

同僚との比較についての詳細を得るには、ターゲットをクリックしてKPIのトレンドチャートを表示し、社員ごとに確認します。 この分析を元に、パフォーマンスのよい人と、よくない人を組み合わせてチームコンテストを作成し(バランスの取れたチーム)、チームワークとピアコーチングを育成できます。