KPI

KPI(重要業績評価指標)は、組織全体の目標達成に向けて、進捗を定義/評価するために使用するビジネス指標です。KPIとチャートを使って、営業マネージャーは以下のことを行なえます。

  • リアルタイムに視覚化された、営業組織のバイタルサインの把握
  • 営業目標を達成するための、タイムリーな調整
  • 重要な成功への原動力と障壁の把握
  • 成功につながる活動を引き起こすために、数クリックでのターゲット設定およびコンテスト作成

 

デフォルトKPI

ホーム ダッシュボードでは、以下のKPIが用意されています。KPIカード右上のアクションメニューアイコン [...] をクリックして、設定、非表示、編集、および削除できます。

  • 作成した見込み客
  • 作成した商談
  • 売上
  • 受注
  • 失注

 

チャートを表示する

KPIをクリックして、インタラクティブなトレンドチャートを表示します。また、データをチーム、社員、または関連するCRMデータの選択した項目で分析することも可能です。さらに詳しい比較や分析には、チャートに追加する別のKPI および/またはターゲットを選択します。

チャートの点や棒を選択すると、関連するCRMデータがページの下に表示されます。すべてのデータを表示するをクリックすると、チャートのすべてのデータが表示されます。

View Chart

 

メモ

  • 組織のKPIやチャートでは、有効なMotivatorユーザーおよび他のCRMユーザーの両者が作成したデータが含まれていますが、社員のフィルターで抽出および分析されるデータには、有効なMotivatorユーザーのデータのみ含まれます。

 

既存のKPIを追加する

  1. ダッシュボード上部の+KPIボタンをクリックします。
  2. ドロップダウンから追加したい既存のKPIを選択します。
  3. 利用可能なオプションから、必要な設定を選択します。
  4. 複数のカードを1度に追加するには、選択可能なオプションから選択し、レビューをクリックします。
  5. ダッシュボードに追加したい項目を選択し、適用をクリックします。

 

新しいKPIを作成する

  1. ダッシュボード上部の+KPIボタンをクリックします。
  2. メニューから、新しいKPIを選択します。
  3. KPIで使用したい数式を選択します。次の3つの数式から、選択できます。
    • 合計:指定した期間における、CRMデータの件数または数値の合計です。
    • 平均:指定した期間における、CRMデータの数値の平均です。
    • 割合/比率:指定した期間における、1つ目の数値対2つ目の数値の割合/比率です。
  4. 行動の追加をクリックし、このKPIに対して、CRMの活動を定義します。行動の詳細については、こちらを参照してください。追加できる行動の数は、選択した数式によって異なります。
    • 合計:制限なく、必要に応じて行動を追加できます。
    • 平均:数値項目のあるCRMのタブを1つ、行動として追加できます。
    • 割合/比率:2つまで行動を追加できます。
  5. すべての行動を追加したら、目標がポイントの増加なのか減少なのかを選択し、次へをクリックします。
  6. KPIの 名前説明 を入力し、次へをクリックします。
  7. 設定を確認し、保存をクリックします。

 

KPIを編集する

  1. 編集したいKPIカード右上のアクションメニューアイコン [...] をクリックします。
  2. メニューから、KPIの編集を選択します。
  3. 編集する項目を選択し、必要に応じて変更します。
  4. 保存をクリックします。

 

KPIを削除する

  1. 削除したいKPIカード右上のアクションメニューアイコン [...] をクリックします。
  2. メニューから、システムからKPIを削除(復元できません)を選択します。

メモ

  • KPIを削除すると、KPIに関連するターゲットおよびKPIカード(他のダッシュボード上のカードも含む)がすべて、削除されます。

 

同僚との比較

KPI右上のアクションメニューアイコン [...] をクリックし、同僚との比較を選択すると、社員間の比較を表示できます。この機能により、ユーザーが必要に応じてゲームを設定したり支援を求めたりして、モチベーションを上げることができます。

同僚との比較についての詳細を得るには、ターゲットをクリックしてKPIのトレンドチャートを表示し、社員ごとに確認します。 この分析を元に、パフォーマンスのよい人と、よくない人を組み合わせてチームコンテストを作成し(バランスの取れたチーム)、チームワークとピアコーチングを育成できます。