デジタルマーケティングとは

デジタルマーケティングはオンラインマーケティングとも呼ばれ、検索エンジンやWebサイト、SNS(ソーシャルメディア)、メール、Webinar(Webセミナー)、モバイルアプリなどのオンラインチャネルを通じて、自社のブランドや製品をプロモーションするあらゆるマーケティング手法を指します。

ユーザー登録
マーケティングキャンペーンの管理

専門家による定義

Gartnerは、デジタルマーケティングを「新規製品やサービスを生み出す・新規市場に参入する・インフルエンサーや顧客との動的な関わりを持つためのプロセスを改善する・最終的にお客さまをターゲットにして保持する・ことを目的として、テクニックとテクノロジーと情報を組み合わせすること」と定義しています。

  • "Digital marketing is (or should be) a part of almost every key business decision from product development and pricing through to public relations and even recruitment"

    Simon KingsnorthDigital Marketing Strategy, 2nd edition
  • "Digital marketing is the act of selling products and services through online channels"

    Neil PatelCo-founder of Neil Patel Digital.

デジタルマーケティングの重要性

顧客は、オンラインでWebサイトを検索したり、動画を見たり、ブログやSNS(ソーシャルメディア)のコンテンツを読むことに、平均で一日6時間以上を費やしています。デジタルマーケティングは、顧客にかんたんに直接コンタクトする方法です。デジタルマーケティング戦略は、企業にとって重要な課題です。

64%

従来のマーケティングに比べてデジタルマーケティングは低コスト。

61%

SEOでROIを向上できる。

60%

の顧客が、オンラインチャネルで一貫性のある正確な情報をブランドに期待している。

デジタルマーケティングのメリット

  • 世界中の顧客にコンタクトできる
  • 理想的な顧客プロファイル(ICP)をターゲットにできる
  • 顧客にパーソナライズされた体験を提供できる
  • 顧客を惹きつけ、有意義な関係を構築できる
  • より良いブランドイメージを確立できる
  • マーケティング予算をより適切に管理できる
  • キャンペーンのパフォーマンスを詳細に可視化できる
  • ROIを測定できる

デジタルマーケティングの種類

SEO

SEOは「検索エンジン最適化」を表します。これは、ユーザーの検索キーワードに応じて、自社のWebサイトが表示される確率を高めるため、Webサイトの設定を最適化し、オーディエンスに関連したコンテンツを作成し、ソーシャルメディアやその他の関連Webサイトでリンクを共有する一連のプロセスです。SEOには主に3つのコンポーネントがあります。

  • 内部施策(オンページSEO)

    サイト、構成、コンテンツについて、個別のWebページを最適化することです。内部施策は、Webサイトが検索ランキングの上位になるよう、自社のWebサイトに直接適用する対策を指します。

  • 外部施策(オフページSEO)

    検索エンジンの結果でのランキングを上げるため、自社のページ以外のあらゆる場所に適用する施策で、外部Webサイトからのリンクを通じて検索エンジンの評価を獲得する対策です。これにはサイトの人気や関連性、権威あるランキングに対するユーザーの認識を改善することも含まれます。

  • テクニカルSEO

    Webサイトが、検索エンジンの技術的条件(ページの読み込み時間やWebサイトの構造、URL構造、セキュリティなど)を満たすようにするプロセスです。

SEOスコアを引き上げる要素はいろいろありますが、豊富なコンテンツを作成することが何よりも強力な戦略です。実際のところ、SEOの改善はコンテンツマーケティングにあるとも言えます。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、ユーザーの検索クエリーに応じて検索エンジンでWebサイトがポップアップされる確率を高めるため、対象のオーディエンスに関連したブログやインフォグラフィクス、ホワイトペーパー、eブック、ポッドキャスト、動画などのコンテンツの作成と配信に重点を置いたマーケティングアプローチを指します。

  • コンテンツマーケティングの主な目的は、提供する製品やサービスについてオーディエンスに情報を提供し、彼らの関心を高め、自身の問題に対する適切な解決策があるかどうかを彼らが評価できるようにすることです。コンテンツマーケティングはまた、リーチ度やブランド認知度、対話、売上、忠誠心などの要素を高める、御社ビジネスの優れたソフト販売者にもなれます。

  • ブログの投稿など、WebサイトのコンテンツがSEOに大きく貢献し、関連する検索キーワードに対し、御社Webサイトが検索エンジン結果ページ(SERP)の上位に表示されるようにできます。ユーザーは結果の上位のページを訪問する確率が高いため、トラフィックにコストをかけずに、より多くの訪問者を獲得できます。コンテンツが常に重要なのはそのためです。

メールマーケティング

メールマーケティングはデジタルマーケティングの重要な要素の1つで、ブランドや製品、サービスを購読者に宣伝する媒体としてメールを使用します。また、御社ブランドがお客さまと良い関係を構築し、新規製品やオファー、割引、その他のサービスについてお客さまに最新情報を継続的に提供できるよう支援します。

メールマーケティングの利用が理想的な場面

  • お客さまを歓迎して次の行動を促す
  • お客さまに関連性の高いコンテンツを提供してナーチャリング(育成)する
  • 潜在顧客や新規顧客をフォローアップする
  • ブログやニュースレターを共有する
  • 新規製品やサービスを宣伝する

メールマーケティングのメリット

  • ダイレクトマーケティング
  • かんたんに構築可能
  • 即座にコンタクト可能
  • パーソナライズされた体験を提供
  • 結果を測定可能
  • 適切な実行でROIを向上

SMSマーケティング

SMSマーケティングには、御社からのメッセージ受信を承諾したお客さまにオファーや最新情報を提供し、お客さまの注意を喚起するため、SMSを通じて販売促進や取引に関するマーケティングメッセージを送信することが含まれます。

SMSマーケティングのメリット

  • オーディエンスに即座に電話番号でコンタクトできる。
  • さまざまなSMSマーケティングアプリでワークフローを作成し、メッセージを自動化できる。
  • 測定可能な結果と高い関与率

ソーシャルメディアマーケティング(SMM)

ソーシャルメディアマーケティングはデジタルマーケティングの要素の1つで、コンテンツを宣伝し、ブランドを構築し、フォロワーと関わり、売上を高めるためにオーディエンスとつながるチャネルとしてソーシャルメディアを使用します。

ソーシャルメディアマーケティングのメリット:

  • 新規オーディエンスにコンテンツを宣伝することで、ブランドの認知度を高められる
  • Webサイトのトラフィックを増やし、SEOスコアを高められる
  • フォロワーと関わり、有意義な関係を構築できる
  • より多くのインバウンドの見込み客を惹きつけられる
  • 顧客体験を改善できる
  • チャネル
  • ビジネスマーケティングの種類
  • コンテンツの種類
  • 目的
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • LinkedIn
  • YouTube
  • Google ビジネス プロフィール
  • BtoC
  • BtoC
  • BtoCとBtoB
  • BtoB
  • BtoCとBtoB
  • BtoCとBtoB
  • ブログと記事
  • 画像と動画
  • ショートテキストと画像
  • ブログと記事
  • 動画
  • 画像、FAQ、レビュー
  • ブランド認知度と顧客ロイヤリティの構築
  • ブランド認知度と関係構築
  • 広報活動とブランド構築
  • 見込み客の創出とブランディング
  • ブランド認知度の構築とWebサイトトラフィックの促進
  • 初めての訪問者により多くの情報を提供

Webセミナー

Webセミナーマーケティングはデジタルマーケティングの要素の1つで、潜在顧客を惹きつけ、関連するセミナーに招待することで機能します。参加者に優れた価値を提供しながら、顧客との関係を育成し、製品のプロモーションに役立てます。

Webセミナーのメリット:

  • ブランドの価値を高められる
  • 教育コンテンツを通じて、より高い価値を提供できる
  • 顧客と対面で対話できる
  • 質の高い見込み客を創出する
  • コンバージョン率が向上する

デジタルマーケティングとは

デジタルマーケティング担当者は、顧客を惹きつけるためのより良いコンテンツを作成するため、ブログの執筆、メルマガの送信、ソーシャルメディア管理、有料広告の運営、Webサイトのトラフィック測定、見込み客の創出などの責任を担います。

ただし、デジタルマーケティング担当者の役割や責任は、チームの規模や目標に応じて組織ごとに異なります。チームの規模が小さい新興企業では、デジタルマーケティング担当者は複数の役割を担い、組織のオンラインマーケティング活動のすべてを管理する場合がある一方、大企業で働くマーケティング担当者は、メルマガ配信のみを管理する、またはソーシャルメディアの広告の運用のみを行うなど、1~2つのことにだけ注力する場合があります。

デジタルマーケティング担当者のKPIには、ブランド認知度の向上、惹きつけたサイト訪問者の数、営業対象となる見込み客の創出が含まれます。デジタルマーケティング担当者がマーケティング活動を管理し、これらのKPIを達成するためには、堅実な戦略と自社製品や市場に対する理解、そしてなにより強力なデジタルマーケティングソフトウェアが必要です。

メルマガ配信ツール、SNS管理ツール、Webセミナーツールなどのデジタルマーケティングソフトウェアは、オンラインマーケティングで使用されるさまざまな機能をサポートします。デジタルマーケティングソフトウェアには、個別にマーケティングツールを用意する方法と、統合マーケティングプラットフォームを用意する方法の2種類があります。

デジタルマーケティングチーム

統合マーケティングプラットフォームを導入するメリット

個別にマーケティングソリューションを導入する場合、1つのアプリケーションに含まれるマーケティング機能は1つです。例えば、メルマガ配信のみに特化したマーケティングツールや、ソーシャルメディアへの投稿を公開するだけのツールなどがあります。統合マーケティングプラットフォームは、幅広いマーケティング活動を対象とした複数のアプリケーションを1カ所で提供します。多くのソリューションには、メールやSMS、ソーシャルメディア、Webセミナー、アンケート、広告、自動化のツールが含まれ、さらにその他の機能を提供するソリューションもあります。

  • 個別のマーケティングソリューション

    統合マーケティングプラットフォーム

  • ユーザーインターフェイスが販売元によって異なるため、使用方法が複雑。

    統合されたユーザーインターフェイスなので、操作方法に迷うことがなく、かんたんに使用できる。

  • アプリケーションごとに異なる複数のアカウントとサインイン認証を、ブランド用にそれぞれ設定する必要がある。パスワードの漏洩リスクも高い。

    共通のアカウント情報を保持しているため、ツールへのアクセスがかんたんで、アカウントの安全性も高い。

  • すべてのブランドを1カ所で管理できないため、統一性のあるテーマをチャネル全体で保持することが難しい場合がある。

    すべての関連ブランドを1カ所で管理でき、すべてのチャネルでブランドの一貫性を維持できる。

  • アカウントごとにライセンスを購入して、それぞれのツールにメンバーを追加し、施策について1つずつ話し合う必要があるため、チームメンバー同士でのコラボレーションが難しい。

    他のチームメンバーとのコラボレーションがかんたんにできる。統合マーケティングプラットフォームでは、すべてのチームメンバーが1カ所でリアルタイムに進捗を追跡でき、同じ場所で話し合いを管理できる。

  • 追加のツールを設定するか、手動でエクスポートしないと、全体のマーケティングパフォーマンスを測定できない。

    統合された分析機能により、個別のキャンペーンだけでなく全体のマーケティングパフォーマンスをより正確に測定できる。

統合マーケティングプラットフォームの主な機能

  • 連絡先管理
  • メルマガ配信
  • SMS
  • ソーシャルメディア
  • アンケート
  • Webセミナー
  • 分析
  • マーケティングの自動化
  • 統合されたキャンペーン管理

30日間無料体験

Zoho Marketing Plus は、メルマガ、SMS、ソーシャルメディア、アンケート、Webセミナー、バーチャルイベント、分析など、すべてのマーケティングツールを合わせた、統合マーケティングプラットフォームです。Marketing Plus のすべてのツールは緊密に連携しているため、すべての顧客データを1カ所で管理でき、ツールを切り替えたりデータをインポートしたりすることなく、複数のチャネルにキャンペーンを送信できます。

ZOHO MARKETING PLUSを試す

関連情報

デジタルマーケティングの成功の鍵は、マーケティングのトレンドやベストプラクティスの最新情報を絶えず学ぶことです。Marketing Express(ブログ記事)は、マーケティング担当者がデジタルマーケティングに関するさまざまな情報やアイデア、ベストプラクティスを探す最適な場所の1つです。

よくある質問

すべて展開する

インバウンドマーケティング対デジタルマーケティング:その違いは?

インバウンドマーケティングはデジタルマーケティングの一種で、対象のオーディエンスを惹きつけ、彼らを教育し、彼らの興味をひき、組織が彼らの問題に対する適切なソリューションを持っている場合に、彼らをお客さまにコンバージョンするため、ブログやインフォグラフィクス、ebook、動画などの有意義なコンテンツ作成に重点を置きます。

デジタルマーケティングにはインバウンド(「プル」)マーケティングと、検索エンジンやソーシャルメディアで対象のオーディエンスに広告を表示し、ビジネスを宣伝するための販売促進メールやSMSメッセージを送信するなどのアウトバウンド(「プッシュ」)戦術があります。

デジタルマーケティングはどのビジネスでも機能しますか?

ブランドの宣伝にすべてのデジタルマーケティングチャネルを使用すべきですか?

企業のデジタルマーケティング戦略を1つのツールで強化

無料登録

30日間の無料お試し・クレジットカード情報は不要