数字で差を付ける

対象とする相手のことが分かれば、営業はよりかんたんになります。設定した条件に基づいて見込み客にスコアを付けることは、最も有望な見込み客を見つけ出し、育成を強化すべき見込み客を特定するのに役立ちます。また営業チームも、より短期間でより多くの商談を成立させられるようになります。

無料お試し

見込み客の情報を利用

見込み客から得られた詳しい情報をもとに、見込み客にスコアを付けます。たとえばCEOに的を絞る場合、役職が「CEO」の見込み客にスコアを設定できます。そうすることで、プロモーションの対象グループをすばやく抽出できます。

見込み客の情報を利用
やり取りに基づくスコア

やり取りに基づくスコア

メール、SMS、またはソーシャルメディアキャンペーンのいずれでもあっても、そのやり取りを収集することで、実施したマーケティング活動に対する見込み客の反応を把握できます。開封、クリック、転送に基づいてスコアを加え、必要に応じてフォローアップします。

開封率やクリック率のその先へ

キャンペーンデータの水準を高めて、見込み客の理解を深めましょう。キャンペーンに対する見込み客のやり取りに応じて、スコアの追加と編集を行います。また、見込み客の動きをメールからWebサイトに至るまでトラッキングし、表示したページや特定のページを開いた回数などを把握することもできます。これらのトレンドを観察し、興味の対象に関する情報を収集し、それに応じてスコアを付けます。

開封率やクリック率のその先へ
きめ細やかな対応

きめ細やかな対応

今日やり取りのあった見込み客が、明日はお客さまになるかもしれません。見込み客が望むことを把握して、見込み客を育成できるようにしましょう。見込み客に付けたスコアに基づいて見込み客育成プログラムを計画し、自分たちが選ばれる方法で製品を紹介します。

成果が得られるマーケティングオートメーションソフトウェア

成果が得られるマーケティングオートメーションソフトウェア

登録する