Zoho Mailの送信済みメールの取り消し

送信済みメールの取り消し

Zoho Mailの取り消しオプションを使用すると、メールを送信した後でも、メールを取り消すことができます。

次のいずれかの条件に合致している場合、メールを取り消すことはできません。

  • 受信者が組織内のユーザーでない場合。
  • メールがすでに共有されているか、共有フォルダー内にある場合。
  • メールの送信から30分後に取り消しを試行した場合。
  • POPアカウントから取得したメールは、取り消しできません。

メールの取り消し手順

  1. Zoho Mailにサインインしてください。
  2. [送信済み]フォルダーに移動してください。
  3. [メール配信ステータス(MDS)]アイコンをクリックしてください。
  4. [メール配信]ポップアップで、[このメールを取り消し]ボタンをクリックしてください。
  5. 確認のポップアップが表示されます。[続行]をクリックしてください。

取り消しが成功したかどうかに基づいて、応答メッセージが表示されます。取り消しが成功した場合、受信者は、記載された詳細事項を含むメールが取り消されたことを示すメールを受け取ります。

取り消しの応答の種類

組織内と組織外の複数の受信者に宛てたメールを取り消そうとすると、次のいずれかの応答が送信されます。

       [完全に成功]メールはすべての受信者の受信トレイから取り消されました。
       [部分的に成功]メールは、すべてではないが一部の受信者の受信トレイから取り消されました。
  [完全に失敗]

メールは、いずれの受信者の受信トレイからも取り消せませんでした。

機能の利用可否 

メールの取り消し機能は、当社の有料組織アカウントユーザーのみが利用できます。

無料の組織アカウントユーザーは、有料プランにアップグレードした後にこの機能を利用できます。[アップグレード]オプションには、[メールの取り消し]ボタンの横からアクセスできます。

メールの取り消し機能は、個人アカウントユーザーには適用されません。

 

 

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohomail.com