クイックアクションを識別するためのメール形式

クイックアクションの埋め込み

事業を運営するときには、購入の確認、評価の依頼、レビュー、予定のチケット確認、予定の予約など、さまざまな目的で自動化されたメールをユーザーに送信する必要があります。リストのメールをユーザーが確実にフォローアップできるようにするため、メールにクイックアクションを埋め込むことができます。

schema.orgは、インターネット上で構造化データマークアップ用スキーマの作成と促進に取り組んでいる活発なコミュニティです。schema.orgで定義された形式はZoho Mailによって認識され、このマークアップはメールリストにクイックアクションとして表示されます。送信するメールにクイックアクションを追加するには、メールのHTMLコンテンツにMicrodataまたはJSON-LDのマークアップを追加(schema.orgの定義に従う)してください。

クイックアクションをZoho Mailで識別できるようにするための操作

送信メールにこれらのクイックアクションを埋め込むには、2つのことを確認する必要があります。

  • 送信するメールに、Microdata形式またはJSON-LD形式の特定のスクリプトが埋め込まれていること。
  • これらのメールの送信元ドメインが、Zohoのドメイン識別リストに登録されていること。

埋め込みクイックアクションの形式 

送信するメールにクイックアクションを埋め込むには、そのメールにスクリプトを埋め込む必要があります。Zoho Mailは、JSON-LD形式とMicrodata形式の両方のメールマークアップをサポートしています。

Microdata

Microdataは、メールの特定部分を記述し、強調するために設計されたマークアップ言語です。このマークアップにはそれぞれ、関連付けられた属性を含めることができます。Microdata形式で使用される3つの基本属性は、itemtypeitempropitemscopeです。

Itemscope - この属性をdivタグ内で使用すると、このdivタグに囲まれたすべての情報が1つの項目に属することを示します。

Itemtype - Itemtypeを指定した場合、そのスコープ内のすべての要素が、指定されたクラスの下にあることを示します。schema.orgクラスで使用可能なクラスのいずれかに設定できます。 

Itemprop - この属性を使用して、itemtypeとして指定されたクラスに関する追加情報を指定できます。

JSON-LD

JSON-LDは、よく使用される別のマークアップ言語であるJSONベースの構文です。JSON-LD形式では、@contextはhttp://schema.orgに設定され、@typeはschema.orgクラスで使用可能ないずれかのクラスに設定され、そのクラスのプロパティはスクリプトで定義されます。 

テキストマークアップの構文

アクションの保存

レストランのクーポン/キャンペーンなど保存する必要のあるメールに、[保存アクション]ボタンを追加できます。このアクションは、メールリストから1回のみ実行できます。 

以下に示すJSON-LDまたはMicrodataの構文のいずれかをZoho MailのメールのHTML本文に埋め込み、[保存アクション]ボタンを識別してメールに追加してください。

JSON-LD

<script type="application/ld+json"> { "@context": "http://schema.org", "@type": "EmailMessage", "potentialAction": { "@type": "SaveAction", "name": "Save Coupon", "handler": { "@type": "HttpActionHandler", "url": "https://nearbuy.com/save?offerId=hse237" } }, "description":  “10% off at The Fat Duck" } </script>

Microdata

<div itemscope itemtype="http://schema.org/EmailMessage"> <div itemprop="potentialAction" itemscope itemtype="http://schema.org/SaveAction"> <meta itemprop="name" content="Save Coupon"/> <div itemprop="handler" itemscope itemtype="http://schema.org/HttpActionHandler"> <link itemprop="url" href="https://nearbuy.com/save?offerId=hse237"/> </div> </div> <meta itemprop="description" content="10% off at The Fat Duck”/> </div> 

確認アクション

[確認アクション]ボタンは、ユーザーが特定のサービスまたはWebサイトへの登録を確認する必要のあるメールに追加できます。 

以下に示すJSON-LDまたはMicrodataの構文のいずれかをZoho MailのメールのHTML本文に埋め込み、[確認アクション]ボタンを識別してメールに追加してください。

JSON-LD

<script type="application/ld+json"> { "@context": "http://schema.org", "@type": "EmailMessage", "potentialAction": { "@type": "ConfirmAction", "name":  “Confirm Subscription", "handler": { "@type": "HttpActionHandler", "url": "https://nigella.com/confirm?subscriptionId=567qwe" } }, "description":  “Confirm your subscription to Nigella Lawson’s Newsletter" } </script>

Microdata

<div itemscope itemtype="http://schema.org/EmailMessage"> <div itemprop="potentialAction" itemscope itemtype="http://schema.org/ConfirmAction"> <meta itemprop="name" content=“Confirm Subscription"/> <div itemprop="handler" itemscope itemtype="http://schema.org/HttpActionHandler"> <link itemprop="url" href="https://nigella.com/confirm?subscriptionId=567qwe"/>    </div> </div> <meta itemprop="description" content="Confirm your subscription to Nigella Lawson’s Newsletter"/> </div> 

表示アクション

ユーザーを別のWebページにリダイレクトして何らかのコンテンツを表示する場合は、[表示アクション]ボタンを追加できます。eコマースのWebサイトから注文確認メールを受信することはごく一般的です。通常、これらのメールには、注文リストを表示できるオプションが含まれています。これは、[表示アクション]タイプの典型的な例です。 

以下に示すJSON-LDまたはMicrodataの構文のいずれかをZoho MailのメールのHTML本文に埋め込み、[表示アクション]ボタンを識別してメールに追加してください。

JSON-LD

<script type="application/ld+json">
{
"@context": "http://schema.org",
"@type": "EmailMessage", 
"potentialAction": {   
"@type": "ViewAction",   
"target": "https://www.saltychocolate.com/gp/ref=nav_youraccount_orders",   
"name":  “View Order" 
}, 
"description":  “View Order Details and Tracking Information"
}
</script> 

Microdata

<div itemscope itemtype="http://schema.org/EmailMessage"> <div itemprop="potentialAction" itemscope itemtype="http://schema.org/ViewAction">    <link itemprop="target" href="https://www.saltychocolate.com/gp/ref=nav_youraccount_orders"/>   <meta itemprop="name" content="View Order"/> </div> <meta itemprop="description" content="View Order Details and Tracking Information"/> </div>  

追跡アクション

ユーザーが注文または受け取り待ちの荷物を追跡する必要がある場合、メールに[追跡アクション]ボタンを追加できます。

以下に示すJSON-LDまたはMicrodataの構文のいずれかをZoho MailのメールのHTML本文に埋め込み、[確認アクション]ボタンを識別してメールに追加してください。

JSON-LD

<script type="application/ld+json"> { "@context": "http://schema.org",  "@type": "ParcelDelivery",  "deliveryAddress": {    "@type": "PostalAddress",    "streetAddress": "42 Shirley Ave.",    "addressLocality":  “West Chicago",    "addressRegion":  “CA",    "addressCountry”:  “US",    "postalCode":  “60185"   },  "expectedArrivalUntil": "2017-03-12T12:00:00-08:00",  "carrier": {    "@type": "Organization",    "name":  “DHL"  },  "itemShipped": {   "@type": "Product",    "name": “Dark Chocolate Syrup"  }, "partOfOrder": {    "@type": "Order",    "orderNumber": “127963",    "merchant": {      "@type": "Organization",      "name": “Rebecca Anderson" }  },  "trackingUrl": "https://dhl.com/track/645287829"  "potentialAction": {    "@type": "TrackAction",    "target": "https://dhl.com/track/645287829"  }, } </script>

Microdata

<div itemscope itemtype="http://schema.org/ParcelDelivery"> <div itemprop="deliveryAddress" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="streetAddress" content="42 Shirley Ave."/> <meta itemprop="addressLocality" content=“West Chicago"/> <meta itemprop="addressRegion" content=“IL"/> <meta itemprop="addressCountry" content="US"/> <meta itemprop="postalCode" content="60185"/> </div> <meta itemprop="expectedArrivalUntil" content="2017-03-12T12:00:00-08:00"/> <div itemprop="carrier" itemscope itemtype="http://schema.org/Organization"> <meta itemprop="name" content=“DHL"/> </div> <div itemprop="itemShipped" itemscope itemtype="http://schema.org/Product"> <meta itemprop="name" content=“Dark Chocolate Syrup"/> </div> <div itemprop="partOfOrder" itemscope itemtype="http://schema.org/Order"> <meta itemprop="orderNumber" content="127963"/> <div itemprop="merchant" itemscope itemtype="http://schema.org/Organization"> <meta itemprop="name" content=“Rebecca Anderson"/> </div> </div> <link itemprop="trackingUrl" href="https://dhl.com/track/645287829"/> <div itemprop="potentialAction" itemscope itemtype="http://schema.org/TrackAction"> <link itemprop="target" href="https://dhl.com/track/645287829"/> </div> </div> 

出欠確認アクション

予定への招待メールがあるとします。メールの基本的なHTMLコンテンツには、予定が開催される日時、場所、出席者、主催者などに関する情報が含まれます。さらに、予定に出席するかどうかの同意を求められます。通常、すべての予定への招待には、「はい」、「いいえ」、「未定」の3つのオプションがあります。このような場合は、メールリストに出欠確認クイックアクションを埋め込むスクリプトを挿入できます。このオプションをクリックすると、予定の概要と3つのオプションが表示されます。

以下に示すJSON-LDまたはMicrodataの構文のいずれかをZoho MailのメールのHTML本文に埋め込み、[表示アクション]ボタンを識別してメールに追加してください。

JSON-LD

<script type="application/ld+json"> { "@context": "http://schema.org", "@type": "Event", "name": “Marketers Monthly Meet", "startDate": “2017-10-08T15:30", "endDate": “2027-10-08T16:30",  "location": {    "@type": "Place",    "address": {      "@type": "PostalAddress",      "name": “Zylker Inc.",      "streetAddress": "24 Goldfield Avenue, Knit Conference Room",      "addressLocality": "South Windsor",      "addressRegion": "CT", "postalCode": “06074",      "addressCountry": "USA"    }  },  "potentialAction": [    {      "@type": "RsvpAction",      "rsvpResponse": "yes",      "handler": {        "@type": "HttpActionHandler",        "url": "https://sitename.com/rsvp?eventId=123&value=yes"      },      "attendance": "http://schema.org/RsvpAttendance/Yes"    },    { "@type": "RsvpAction", "rsvpResponse": "no",      "handler": {        "@type": "HttpActionHandler",        "url": "https://sitename.com/rsvp?eventId=123&value=no"      },      "attendance": "http://schema.org/RsvpAttendance/No"    },    {      "@type": "RsvpAction",      "rsvpResponse": "maybe",      "handler": {        "@type": "HttpActionHandler",        "url": "https://sitename.com/rsvp?eventId=123&value=maybe"      },      "attendance": "http://schema.org/RsvpAttendance/Maybe"    }  ] } </script>

同様に、メールの送信中にMicrodataスクリプトをHTMLコンテンツの本文に挿入することもできます。 

Microdata

<div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <meta itemprop="name" content=“Marketers Monthly Meet"/> <meta itemprop="startDate" content="2017-10-08T15:30"/>  <meta itemprop="endDate" content="2017-10-08T16:30"/>  <div itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place">    <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress">      <meta itemprop="name" content=“Zylker Inc."/> <meta itemprop="streetAddress" content="24 Goldfield Avenue, Knit Conference Room"/> <meta itemprop="addressLocality" content="South Windsor"/> <meta itemprop="addressRegion" content="CT"/> <meta itemprop="postalCode" content=“06074"/> <meta itemprop="addressCountry" content="USA"/> </div> </div> <div itemprop="potentialAction" itemscope itemtype="http://schema.org/RsvpAction"> <div itemprop="handler" itemscope itemtype="http://schema.org/HttpActionHandler"> <link itemprop="url" href="https://sitename.com/rsvp?eventId=123&value=yes"/> </div> <link itemprop="attendance" href="http://schema.org/RsvpAttendance/Yes"/> <meta itemprop="rsvpResponse" content="yes"> </div> <div itemprop="potentialAction" itemscope itemtype="http://schema.org/RsvpAction"> <div itemprop="handler" itemscope itemtype="http://schema.org/HttpActionHandler"> <link itemprop="url" href="https://sitename.com/rsvp?eventId=123&value=no"/> </div> <link itemprop="attendance" href="http://schema.org/RsvpAttendance/No"/> <meta itemprop="rsvpResponse" content="no"> </div> <div itemprop="potentialAction" itemscope itemtype="http://schema.org/RsvpAction"> <div itemprop="handler" itemscope itemtype="http://schema.org/HttpActionHandler"> <link itemprop="url" href="https://sitename.com/rsvp?eventId=123&value=maybe"/> </div> <link itemprop="attendance" href="http://schema.org/RsvpAttendance/Maybe"/> <meta itemprop="rsvpResponse" content="maybe"> </div> </div> 

評価とレビュー

レストランで外食した後、またはホテルやリゾートに滞在して休暇を過ごした後に、通常はサービスの評価を求めるメールや、そのフィードバックを収集するメールが送信されます。このようなメールを送信するときに、スクリプトを埋め込んで[評価する]または[レビュー]のクイックアクションを追加できます。 

数値による評価

このオプションを使用すると、[評価する]ボタンをクリックして、そのレストランの数値による評価を入力できます。 

以下に示すJSON-LDまたはMicrodataの構文のいずれかをZoho MailのメールのHTML本文に埋め込み、[評価する]ボタンを識別してメールに追加してください。

JSON-LD

<script type="application/ld+json"> { "@context": "http://schema.org", "@type": "EmailMessage", "potentialAction": { "@type": "ReviewAction", "review": { "@type": "Review", "itemReviewed": { "@type": "FoodEstablishment", "name":  “The Fat Duck"    }, "reviewRating": {       "@type": "Rating", "bestRating": "5", "worstRating": "1"      } },    "handler": {     "@type": "HttpActionHandler", "url": "https://thefatduck.com/review?id=abc123", "requiredProperty": { "@type": "Property", "name": "review.reviewRating.ratingValue" }, "method": "http://schema.org/HttpRequestMethod/POST"   } }, "description":  “We hope you had an amazing time dining with us.Please rate your experience here." } </script>

Microdata

<div itemscope itemtype="http://schema.org/EmailMessage"> <div itemprop="potentialAction" itemscope itemtype="http://schema.org/ReviewAction"> <div itemprop="review" itemscope itemtype="http://schema.org/Review"> <div itemprop="itemReviewed" itemscope itemtype="http://schema.org/FoodEstablishment”> <meta itemprop="name" content=“The Fat Duck”/> </div> <div itemprop="reviewRating" itemscope itemtype="http://schema.org/Rating"> <meta itemprop="bestRating" content="5”/> <meta itemprop="worstRating" content="1”/> </div> </div> <div itemprop="handler" itemscope itemtype="http://schema.org/HttpActionHandler"> <link itemprop="url" href="https://thefatduck.com/review?id=abc123"/> <div itemprop="requiredProperty" itemscope itemtype="http://schema.org/Property"> <meta itemprop="name" content="review.reviewRating.ratingValue"/> </div> <link itemprop="method" href="http://schema.org/HttpRequestMethod/POST"/> </div> </div> <meta itemprop="description" content="We hope you had an amazing time dining with us.Please rate your experience here."/> </div> 

テキストのレビュー

送信するメールで評価と共にレビューをリクエストする場合は、メールリストに[レビュー]クイックアクションを埋め込むことができます。

以下に示すJSON-LDまたはMicrodataの構文のいずれかをZoho MailのメールのHTML本文に埋め込み、[レビュー]ボタンを識別してメールに追加してください。

JSON-LD

<script type="application/ld+json"> { "@context": "http://schema.org”, "@type": "EmailMessage", "potentialAction": { "@type": "ReviewAction", "review": { "@type": "Review", "itemReviewed": { "@type": "FoodEstablishment", "name": “The Fat Duck" }, "reviewRating": { "@type": "Rating", "bestRating": "5", "worstRating": "1" } }, "handler": { "@type": "HttpActionHandler", "url": "https://thefatduck.com/review?id=abc123", "requiredProperty": { "@type": "Property", "name": "review.reviewRating.ratingValue" }, "optionalProperty": { "@type": "Property", "name": "review.reviewBody" }, "method": "http://schema.org/HttpRequestMethod/POST” } }, "description": “We hope you enjoyed your seafood experience with The Fat Duck.Tell us more about it" } </script>

Microdata

<div itemscope itemtype="http://schema.org/EmailMessage"> <div itemprop="potentialAction" itemscope itemtype="http://schema.org/ReviewAction"> <div itemprop="review" itemscope itemtype="http://schema.org/Review"> <div itemprop="itemReviewed" itemscope itemtype="http://schema.org/FoodEstablishment"> <meta itemprop="name" content=“The Fat Duck"/> </div> <div itemprop="reviewRating" itemscope itemtype="http://schema.org/Rating"> <meta itemprop="bestRating" content="5"/> <meta itemprop="worstRating" content="1”/> </div> </div> <div itemprop="handler" itemscope itemtype="http://schema.org/HttpActionHandler"> <link itemprop="url" href="https://thefatduck.com/review?id=abc123"/> <div itemprop="requiredProperty" itemscope itemtype="http://schema.org/Property"> <meta itemprop="name" content="review.reviewRating.ratingValue"/> </div> <div itemprop="optionalProperty" itemscope itemtype="http://schema.org/Property"> <meta itemprop="name" content="review.reviewBody"/> </div> <link itemprop="method" href="http://schema.org/HttpRequestMethod/POST”/> </div> </div> <meta itemprop="description" content="We hope you enjoyed your seafood experience with The Fat Duck.Tell us more about it”/> </div> 

埋め込みクイックアクション用登録フォーム:

Zoho Mailでメールに埋め込まれているスキーマを識別したり、送信元のドメインが有効であることを確認できるようにするには、Zohoにご登録いただく必要があります。

このリンクをクリックして登録すると、Zoho Mailでメールのスニペットを識別できます。ドメイン登録プロセスは、ドメインの確認後に完了します。このリクエストについて不明な点がある場合に備えて、登録リクエストを送信した組織にご連絡します。

注:

  • [保存アクション]や[確認アクション]よりも、[表示アクション]や[追跡アクション]を使用することをお勧めします。
  • [保存アクション]や[確認アクション]が使用されている場合、送信者が認証部分を管理する必要があります。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohomail.com